伊ランボルギーニ、限定特別仕様車を教皇に贈呈

2017年11月24日18時45分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+伊ランボルギーニ、限定特別仕様車を教皇に贈呈
ランボルギーニ社から贈られた限定特別仕様車の「ウラカンRWD」にサインするローマ教皇フランシスコ(中央)
- 広告 -

【CJC】イタリアの高級スポーツ車メーカー「アウトモビリ・ランボルギーニ」は15日、限定特別仕様車の「ウラカンRWD」を教皇フランシスコに贈呈した。

この車は、約610馬力のスポーツカー。ランボルギーニのカスタマイズ部門「アドペルソナム」が製作、バチカンの国旗に用いられている白色をベースに「ウラカン」のシルエットに沿って黄色が施されている。

バチカン(ローマ教皇庁)で開催された贈呈セレモニーには、教皇とランボルギーニ社のステファノ・ドメニカリCEOの他に、特別仕様車を製作した技術者2人などが参加した。

教皇はこの車両を専用車として使用する代わりに、2018年5月12日に行われる競売大手「サザビーズ」のオークションに出品する。その収益は教皇から慈善事業団体などに寄付され、人身売買の被害者やイラクで迫害を受けたキリスト者の住宅や教会の再建などに充てられる。

教皇は光沢のあるボンネットにサインを走り書きした。「ウラカン」の通常価格約20万ユーロ(約2660万円)を上回る値での落札が予想されている。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング