米公民権運動指導者のジェシー・ジャクソン牧師、パーキンソン病を公表

2017年11月24日18時15分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:アメリカ
+米公民権運動指導者のジェシー・ジャクソン牧師、パーキンソン病を公表
ジェシー・ジャクソン牧師=2013年(写真:AFGE)
- 広告 -

【CJC】米公民権運動の黒人指導者ジェシー・ジャクソン牧師(76)が17日、パーキンソン病にかかっていることを公表した。

AFP通信などによると、ジャクソン氏は、米国の公民権運動を主導した故マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師と共に働いたことがあり、現在は米シカゴの非営利団体の責任者を務めている。しかし病のため「日常の決まりきった仕事をすることも難しくなってきている」という。

ジャクソン氏は「家族と私は約3年前に変化に気付いた。しばらくは仕事を中断して医師にかかることに気が進まなかった」と述べている。

パーキンソン病と診断されたのは2015年で、ジャクソン氏の父親もこの病気にかかったという。診断後、病気の進行を遅らせる理学療法や回顧録の執筆に取り組んできた。

ジャクソン氏は、今回の公表がパーキンソン病について理解を深める機会にしたいとも述べている。

パーキンソン病は原因が今なお不明の難病で、根本的な治療法も確立していない。患者は世界に700万~千万人と見られている。ボクシングの故モハメド・アリ氏や先々代のローマ教皇、故ヨハネ・パウロ2世も患者だった。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:アメリカ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング