ナッシュビルからの愛に触れられて(11)本格的なゴスペルクワイア来日! 青木保憲

2017年11月21日15時19分 コラムニスト : 青木保憲 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:青木保憲
+ナッシュビルからの愛に触れられて(11)本格的なゴスペルクワイア来日! 青木保憲
来日したクライストチャーチクワイアの主要メンバー
- 広告 -

2011年3月から知り合えたテネシー州ナッシュビルのクライストチャーチクワイア、彼らの先遣隊が5月に来日し、多くの素晴らしい恵みを残してくれた。その後、モリース氏の逝去があり、急きょナッシュビルへ向かったが、結果的にこれがさらに彼らとの絆を深めることになった。そして9月6日から15日まで、いよいよ復興支援を前面に打ち出した「ゴスペルクワイア」が来日することになった。

事前のスカイプ・ミーティングで、来日するのが40人を超えるかもしれないと聞かされた。さすがにこれは難しいと断った。なぜなら、40人が一気に移動するには、バスを数台チャーターしなければならず、しかもホテルや飛行機の手配など、これだけで一仕事になってしまう。それよりも機動性を持って、いろいろな地域をくまなく回りたい。そんな意向を先方に告げると、彼らは「それでは20人で」という妥協案を出してくれた。

それなら何とかなる。話は夏を迎える頃にはまとまった。私がまず行ったのは、仙台のプログラムを立ち上げることであった。やはり「復興支援」だから、ここで彼らのゴスペルが奏でられることが必須だと思ったからである。

当時の教会から同年4月に仙台へ行く機会があり、そこで出会った方々にこの話を振ってみた。すると、皆がとても好意的に受け止めてくださり、瞬く間にイベントが確定した。それは以下のようなものだった。

・仙台市内の高校でのコンサート
・仙台市駅前でのストリートコンサート
・テレビ出演
・仙台ジャズフェスティバルへの出演

さらに京都市、金沢市、大阪市、堺市などでも同様のコンサートを行い、義援金を携えて仙台へ向かうことも決定した。彼らの来日を心待ちにする方々から、さまざまな「復興支援グッズ」も提供された。中でも「売り上げをそのまま寄付させてください」として製作された「クライストチャーチタオル」は素晴らしかった。

ナッシュビルからの愛に触れられて(11)本格的なゴスペルクワイア来日! 青木保憲
クライストチャーチタオル

仙台へ行く前に、東京でも、ある教会が受け入れを受諾してくださり、復興支援コンサートを行えるようになった。計9公演である。

それだけではない。来日するクライストチャーチクワイアも、渡航費を捻出(ねんしゅつ)するためと義援金を手渡すために、自前でCDを作成し、これを販売することになったのである。さすがはミュージシャン主体の教会である。このようなやり方は、彼らにとっては普通のことらしい。そのサウンドがいち早く夏前に届けられた。全14曲入りで、このために新録音したりデュエットしたり、多彩なアルバムとなっていた。

さらに、彼らはぜひ日本語で歌う曲を入れたいと願っていた。そのため、『Healing Has Begun ~主のいやしが今~』というタイトルで、クライストチャーチと日本側のクワイアがコラボした楽曲を仕上げてきた。

さらに、彼らクワイアの楽曲で、クリスマスにいつも歌われる『Let There Be Joy』という曲がある。私たちはこれを(勝手に)日本訳し、京都のクワイア曲として歌っていた。そのことを聞いた彼らは、ぜひこれも日本語で歌いたいということになった。これはとてもうれしいことだった。彼らは英語圏であるため、当然英語の曲が中心となるが、日本への敬意と愛情を込めて、1曲全部日本語で歌うことを願ってくれたのである。

そのことを聞いた日から、スカイプレッスンが始まった。日本語の発音の仕方、言い回し、そして息継ぎの仕方、これらを先方のワーシップリーダーにマンツーマンで伝えるのである。1回平均90分くらいのレッスンを4、5回繰り返した。すると、見事に「日本語」となった。動画は、彼らのクリスマスコンサートでの様子。見事に日本語で歌いあげている。

7月下旬に1つ問題が発生した。それはワーシップディレクターのクリスからの1本のメールだった。「ヤス、助けてほしい。クワイアメンバー100人くらいいるが、そのほぼ全員が日本に行きたがっているんだ。こちらが選抜しようにも、やはり当落を出すのは忍びない。そこでお願いがあるんだけど・・・」という内容だった。

それはつまり、クリスが選びたいメンバーをあらかじめ私が知っておいて、その人選を日本側から逆ノミネートする、というやり方だった。いろいろ苦労しているのだな、と思ったと同時に、モリースの死を乗り越えて、それでも日本に行きたいと願う心優しい方々が居られることに感動したことを今でも覚えている。

そのため、さっそくアカデミー賞やグラミー賞よろしく、私がプレゼンテーターとなり、「日本にはぜひこのメンバーを含めて20人でおいでください」と発表したのである。どうもこれで騒動はうまく収まったらしい。

8月中旬、お盆過ぎ当たりには、来日するメンバーも発表され、ホテルの手配やケータリング、そして電車や飛行機のアクセスもきちんと仕上げることができた。あとは、来日を待つばかりとなった。

<<前回へ     次回へ>>

青木保憲

青木保憲(あおき・やすのり)

1968年愛知県生まれ。愛知教育大学大学院を卒業後、小学校教員を経て牧師を志し、アンデレ宣教神学院へ進む。その後、京都大学教育学研究科卒(修士)、同志社大学大学院神学研究科卒(神学博士、2011年)、現在は大阪城東福音教会(ペンテコステ派)牧師。東日本大震災の復興を願って来日するナッシュビルのクライストチャーチ・クワイアと交流を深める。映画と教会での説教をこよなく愛する。聖書と「スターウォーズ」が座右の銘。一男二女の父。著書に『アメリカ福音派の歴史』(2012年、明石書店)。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:青木保憲

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング