牧師の小窓(107)ヘレン・ケラーの苦悩 福江等

2017年11月19日04時24分 コラムニスト : 福江等 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+百人一読―偉人と聖書の出会いから(29)ヘレン・ケラー 篠原元
ヘレン・ケラー(1880~1968)
- 広告 -

最近読んだ本の中で、ヘレン・ケラーの自叙伝があります。彼女が大学生の時に書いたものです。ヘレン・ケラーの心の中がどんなものであったか、彼女が何を思い、何を考え、何を生きる目標としていたかを知る手掛かりとなる重要な資料だと思いました。この本を読んで分かることは、ヘレン・ケラーは非常に優秀な頭脳の持ち主であったと同時に、豊かな感性を持ち合わせていたということです。三重苦のハンディを持ちつつ、学びたい情熱がほとばしり出て、ラドクリス女子大学、後のハーバード大学に学び、首席で卒業しています。

この自叙伝の中で、彼女は11歳の時の苦い経験について書き記しています。それは、彼女が初めて作文を書いたときのことです。秋の抒情詩的な文章で、彼女の心からまるで湧きあふれるように言葉が次々と出てきたのを、点字にして書き下ろしたのです。それを読んだ家族や友人が驚いて、それは誰かの本から取った言葉なのか、それともヘレンが自分で考え出した言葉なのか、ヘレンに尋ねました。ヘレンは深く考えることもなく、また、何を質問されているかその意味すらよく理解できないまま、それは自分が考えて書いたものだと答えたのです。

すると、それならぜひこれを公にしよう、ということになり、ボストンで出版されたのです。ヘレンは天にも昇るような喜びを味わいました。ところがです。しばらくすると、その文章が盗作ではないか、という疑いがかけられたのです。

キャンディという人の書いた文章と非常に似通っていたのです。ヘレンは自分の心から湧いてきた文章を書いたつもりが、誰かが彼女に読んでくれた本の言葉を無意識のうちに脳裏に刻み込んでいて、それが彼女の表現となって出てきていたのです。このことが分かってから、ヘレンは大変苦しみました。多くの人の信頼を傷つけたこと、特に自分に親切にしてくれていた人たちに疑念を与えたことで彼女は苦悩しました。そのため、もう2度と文章は書くまいとまで思ったのです。

しかし、そのようなつらい経験をした彼女はやがて成長し、素晴らしい思想を世に著すようになっていきます。やはり多くの人に希望を与える人は、苦悩の坩堝(るつぼ)を体験しているのですね。

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング