迷わない、ブレない人生の秘訣 菅野直基

2017年11月15日06時56分 コラムニスト : 菅野直基 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:菅野直基

誰の人生の中でも、思い通りにならないことがあります。怒り、腹を立て、理性を失って間違った行動を取って「覆水盆に帰らず」。後で後悔することもあるでしょう。しかし、現実には大きな嵐が吹き荒れるような状況なのに、冷静沈着かつ穏やかで、正しい判断と行動ができる人もいます。

後者の生き方をする人の特徴は、自分の中で物事の判断基準をしっかりと決めていることです。どんな状況に直面しても判断に悩まないで済みます。それは、「譲れないこと」と「妥協できること」の2つを明確にすることです。これが決まっていたら、譲れないことに対しては頑固おやじのようになればいいし、妥協できることに対しては柔軟でしなやかに対応したらいいのです。

皆さんは、「譲れないこと」と「妥協できること」の基準がしっかりと決まっていますか。そうしたら、人生に悩みがなくなります。この2点を構築するためには、聖書を土台にすることをお勧めします。聖書は、時代が変わり、価値観が変わっても、変える必要のない基準です。聖書が土台ならブレることはありません。

ある人は、よい結果が出るならば多少プロセスに問題があっても、「終わりよければすべてよし!」と考えます。しかし、そうではありません。大切なのはプロセスです。プロセスを大切にしないで、ルールを違反したら失格になります。

「競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい」(Ⅰコリント9:24)

100メートル走で一番早く走ったとしても、フライングをしたり、ドーピングを使用したことが発覚したら失格となり、すべては水の泡のように消えてしまいます。また、選挙でたくさんの得票を得たとしても、学歴や経歴の詐称をしたり、選挙違反があったら、これもまた失格となり、すべてがなし崩しです。

物事のプロセスにおいて、ルールを守るというのは最低限守らなければならないことです。

さらに聖書が教えることは、

① 「すべてのことを愛を動機として行う」。それは、敵対心や「今に見返してやるぞ!」というスピリットで行うのではないということです。

② 「神を第一にする」。必ず判断に迷うことが起こり得ます。その時には、神の御心を第一に選ぶことです。

③ 「平和主義」。声を上げなければいけないことがあります。しかし、争いは可能な限り避けるべきです。争い、恨まれながら成功をしても、後味が悪いですし、ある日、包丁で刺されてしまったら元も子もありません。

結果よりプロセスを大切にしていきましょう。また、人生の中で思い通りにいかないようなことに直面したとしても、あなたなりの基準があれば、迷うことなく、ブレることなく前に進んでいくことができます。特に、力の弱い立場の人は、悔しい思いをさせられることがあります。悔しい思いは、神に申し上げ、神にぶつけ、神に受け止めてもらって、その悔しさを癒やしていただきましょう。

1人の女性が押さえられないほどの悔しい思いをしていました。彼女は大きな会社の社長の奥さんです。結婚後何年たっても子どもが生まれず、やっと生まれてきた子どもは立て続けに女の子でした。

ある日、養子として息子が連れてこられました。その男の子は、社長である旦那の子どもですが、同じ会社に勤める若い女性が母親です。これは、愛人が産んだ隠し子ではなく、社長の両親も後継ぎを残すために1枚も2枚も絡んでいたのです。

その事実を知ったときに、頭が真っ白になり、次に、それが怒りに変わって、狂ったように腹を立てました。しかし、その憤りと怒りの声は、黙殺されました。怒りのやり場がありませんので、自分で自分をコントロールすることができない状態になりました。

その時、小さい頃教会に通っていたことを思い出しました。急に十字架にかけられたイエス様の姿が思い浮かびました。いつの間にか、声にならない悲痛の叫びでお祈りしていました。

女性が思い描いたイエス様は、むちで何度も打たれ、頭にはいばらの冠をかぶされ、両手と両足を十字架の木に釘で打ちつけられている姿です。祈るたびに、イエス様が全身から血を流し、身代わりに苦しんでおられることが分かりました。「キリストの打たれた傷によりいやされた」と聖書に書かれていますが、徐々に心が癒やされていくことが分かりました。

「主はしいたげられた者のとりで、苦しみのときのとりで。御名を知る者はあなたに拠り頼みます。主よ。あなたはあなたを尋ね求める者をお見捨てになりませんでした」(詩篇9:9、10)

皆さんも、押さえられないような怒り、裏切られて気が狂ってしまうような心の状態になることがあるかもしれません。そんな時、どうしたらいいでしょうか。ふて寝、ふて食い、ギャンブル、快楽や酒・・・に走りますか。それとも、イエス様に祈りますか。

祈りは問題を根本的に解決しますが、それ以外の解決法は、解決をただ先延ばしにして問題を大きくするだけです。祈りは、すべての問題を解決する秘訣です。そして、迷わない、ブレない、確かな人生を歩むことができます。

そんな人生を共に歩んでいきましょう。しっかり神様に祈っていきましょう。祝福を祈ります。

菅野直基

菅野直基(かんの・なおき)

1971年東京都生まれ。新宿福興教会牧師。子ども公園伝道、路傍伝道、ホームレス救済伝道、買売春レスキュー・ミッション等、地域に根ざした宣教活動や、海外や国内での巡回伝道、各種聖会での讃美リードや奏楽、日本の津々浦々での冠婚葬祭の司式等、幅広く奉仕している。日本民族総福音化運動協議会理事。

新宿福興教会ホームページ (メッセージをくだされば、皆さんの近くの教会を紹介致します)
菅野直基牧師のフェイスブック

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:菅野直基

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング