キリストにあって1つにされる 万代栄嗣

2017年11月13日06時13分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:万代栄嗣

「ですから、私の愛する者たちよ。偶像礼拝を避けなさい。私は賢い人たちに話すように話します。ですから私の言うことを判断してください。私たちが祝福する祝福の杯は、キリストの血にあずかることではありませんか。私たちの裂くパンは、キリストのからだにあずかることではありませんか。パンは一つですから、私たちは、多数であっても、一つのからだです。それは、みなの者がともに一つのパンを食べるからです」(Ⅰコリント10:14~17)

聖餐式は、単なる儀式ではなく、救い主イエス・キリストと私たちの絆そのものです。言葉でのコミュニケーションだけでなく、命と命がつながる何よりも強い関わり合いがイエスとの間に与えられていることを感謝したいと思います。聖餐式がイエスの時代から2千年もの間、守り続けられている3つの大切な意味を確認しましょう。

1. まことの神を礼拝する

パウロは「偶像礼拝を避けなさい」と言います。近年日本では、ハロウィンが商売がらみのブームとされて大仮装大会になっています。もともと北ヨーロッパの悪霊崇拝の儀式が起源で、キリスト教とはまったく関係ありません。人の心を支配して、本当の神ではないものを礼拝させるような悪の力には注意しなければなりません。この世にはさまざまな霊の働きがあります。ごまかされてはいけません。私たちを救うまことの神だけが、私たちが礼拝すべきお方であることを意識しましょう。クリスチャンでも、霊的な部分をうやむやにすると、頂けるはずの神の恵みさえうやむやになってしまいます。

2. 神の救いの事実、イエスに結びつく

私たちを救うために十字架にかかって命を捨ててくださった救い主イエス・キリストの体と血潮の事実を通して、私たちは神の愛と恵みと救いに導かれ、はっきりと神をとらえることができるのです。とらえどころのない中途半端なものではなく、空想や物語の世界でもなく、具体的に私たちを救うためにイエスご自身が十字架にかかって命を捨ててくださったのです。この事実と自分自身が結びつきましょう。

3. 神の家族として1つにされる

キリストの体は1つ。聖餐式でパンとぶとう酒を頂くとき、お1人のイエスと結びつきます。そして、聖餐式にあずかる私たちも神の家族として1つになるのです。キリストの体なる教会で、さまざまな個性ある私たちは、体の部位と同じように、その部分だけでは存在できませんが、1つの体として結びついて、誰1人として不要な者はないのです。2千年間にわたって聖餐式を守るたびに、私たちは1つの神の家族であり、主にある兄弟姉妹であり、共に歩むという信仰告白を新たにしてきました。

私たちには神が共におられ、「主よ」と親しく呼べるイエスが共におられ、イエスに結びつくときに1つにされ、私たちの居場所が用意されています。この秋の終わりにも、神はとっておきの祝福を備えてくださっています。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング