映画「地の塩 山室軍平」の東條監督が礼拝に参加 東京キリストの教会で

2017年11月13日07時00分 記者 : 河西みのり 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:救世軍山室軍平
+映画「地の塩 山室軍平」の東條政利監督が、東京キリストの教会(東京・渋谷区)の礼拝に参加。改めて映画に込めたメッセージを伝えた。
映画を鑑賞した人たちからの質問に答える東條政利監督。
- 広告 -

映画「地の塩 山室軍平」を手掛けた東條政利監督が5日、東京キリストの教会(東京・渋谷区)の礼拝に参加した。礼拝では、映画でも引用された賛美歌「たてよ、いざたて」(54年版『賛美歌』380番)が歌われ、報告の中で東條監督が映画に込めたメッセージを短く伝える時を持った。

「山室軍平は明治時代、貧しさを理由に遊郭に売られた女性たちを救いたいという一心で、娼妓(しょうぎ)の自由廃業運動を起こしました。その他にも、復員して職のない兵たちに職をあっせんしたり、家庭内暴力に悩む女性を助けたりと、目の前で苦しむ人を救うために人生をささげた人です。僕は彼のその『人のために生きたい』という情熱に引きつけられました。岡山の貧しい村で生まれた彼の熱い思いを描きたいと思いました」

礼拝後には東條監督を囲んでの昼食会が催され、作品を鑑賞した人からの感想や質問に、東條監督は丁寧に答えた。

――山室軍平をはじめ、一人一人のキャラクターがとても立っていました。どんなふうに演技指導をされたのですか。

僕は演技指導をするというよりは、テーマを決めて俳優さんたちに動いてもらうという作り方をしています。軍平のキャラクターについては、主役を演じた森岡龍君と相談しながら作り上げました。森岡君は軍平に関連する本を読んだり、礼拝に参加したり、クリスチャンはどういうものであるかということから学んでいました。キャラクターは、他の登場人物を演じる俳優の演技によっても作られます。人間関係を作るために、時には台本に書かれていないシーンもリハーサルをしたりして、キャラクターを探求しました。

映画「地の塩 山室軍平」の東條政利監督が、東京キリストの教会(東京・渋谷区)の礼拝に参加。改めて映画に込めたメッセージを伝えた。
礼拝堂で映画のお知らせをする東條政利監督

――クリスチャンとしての心の葛藤や浮き沈みが丁寧に描かれていました。あえてクリスチャンであることをストレートに表現しようと思われたのはどうしてですか。

この映画はクリスチャンを描こうと思って作ったわけではないんです。とにかく目の前にいる困った人を助けたい、そして何があってもへこたれない、そんな軍平に魅力を感じて映画を作りました。彼の信仰の部分を丁寧に描いたのは、何よりもそれが彼の思いを支えていたからです。

登場人物の中では、一途で真っすぐな軍平に最も共感します。映画の制作にあたっては、資金のことなど、数々の苦難があり、完成までに2年の月日を要しましたが、軍平が人のために尽くす姿を知ったから、僕も乗り切ることができました。僕も毎日祈っていたんですよ。

――「地の塩」というタイトルはどのようにして決められたのですか。

制作側からは、クリスチャンではない人には分からないんじゃないか、という声も上がりました。「地の塩」は、聖書はもちろん、軍平が書いた『平民の福音』の中にも登場する言葉なんですね。塩は、料理の味付けや漬物などに使うように、他のものに混ざることで用いられる。人間も、他の人たちに交わることで初めて役に立つ。軍平は「生きているこの地で用いられる塩になりなさい」と説きました。僕自身も、人は心の在り方が重要だと感じましたし、心を尽くして生きていきたいと思いました。映画を通して初めてこの言葉を知った人にも、何か感じてもらえたらうれしいです。

「地の塩 山室軍平」は東京では11月25日~12月9日にポレポレ東中野で上映されるほか、全国で随時上映される。(※木曜日限定で英語字幕上映)

http://yamamurogunpei.com/#theater" rel="nofollow" target="_blank">公式サイト上映情報

 

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:救世軍山室軍平

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング