東京基督教大学学長の小林高徳氏 同大学・日本長老教会東関東中会合同葬は25日

2017年11月7日12時10分 記者 : 雜賀信行 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+東京基督教大学学長の小林高徳氏召天 米国出張中に倒れる
東京基督教大学の小林高徳学長(写真:同大提供)
- 広告 -

東京基督教大学(TCU、千葉県印西市)学長で日本長老教会教師の小林高徳(たかのり)氏が先月24日に召天し、TCU・日本長老教会東関東中会による合同葬が今月25日(土)午後1時~2時半(受付開始11時半)にTCUチャペルで執り行われる。葬儀委員長は廣瀬薫氏(東京キリスト教学園理事長)。

小林氏は米国出張中の22日、礼拝説教奉仕のため、TCU卒業生が牧師をするアンカーサウスベイ教会(カリフォルニア州)に向かう途中、タクシーの中で心筋梗塞の発作を起こした。救急車で搬送され、集中治療室で緊急救命措置を受けていたが、日本時間の24日午後9時半ごろ、日本から夫人の宮子さんとTCU教員が駆け付ける前に容体が急変し、召天した。61歳だった。法的手続きを米国で済ませた後、遺体が日本に送られた。

TCUの学生の間では、学長の突然の死に動揺が広がった。先月9日に行われた学園祭「シオン祭」でも、小林氏は学生に混じって姿を見せていた。2年在学中の学生は次のように語る。

「小林学長は常に学生とのコミュニケーションを大切にして、よく食堂で学生と一緒に食事をされていました。またその授業は、優しく静かな先生の情熱が溢(あふ)れて、時に笑いが起こるような授業でした。先生が亡くなられたと知らせを聞いた時は、あまりにも突然で、すべてが夢ではないかという非現実感と無力感に襲われ、悲しみが湧いてきませんでした。しかし、時間が流れ、小林学長が死去されたニュースを見る中で少しずつ悲しみが溢れて、現実を受け入れることができました。周りの学生の反応は、初めて身近で死を経験し、死に恐れを感じる人が多かったです」

TCU(千葉県印西市内野3-301-5)は、東京駅から60~70キロ離れており、駐車場も限りがあるため、公共の交通機関の利用をTCUでは呼び掛けている。東京駅から最寄りの千葉ニュータウン中央駅までは、山手線、総武線、北総線と乗り換えて約1時間。羽田空港からは京浜急行線・北総線直通で約1時間半。千葉ニュータウン中央駅からは送迎バスが用意されている。

学内での宿泊はできないが、近隣のホテルとして、千葉ニュータウン中央駅南口にあるホテルマークワンや、1つ先の印西牧の原駅南口のアパホテルがある。

■ 問い合わせ
東京基督教大学事務局
電話:0476・46・1131
メール:tcu@tci.ac.jp

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング