伝道活動中の女性牧師を警察が連行、娘や3歳の孫も 中国・湖北省

2017年11月6日23時10分 翻訳者 : 岡本告 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+伝道活動中の女性牧師を警察が連行、娘や3歳の孫も 中国・湖北省
中国湖北省咸寧(かんねい)市内の様子=2009年(写真:12321Peter)
- 広告 -

中国内陸部の湖北省で、伝道活動をしていた女性牧師が娘や孫と共に警察に連行された。孫の男の子はまだ3歳だったという。

米国に拠点を置く迫害監視団体「チャイナエイド」(英語)によると、徐世珍(シュー・シーチェン)牧師と娘の玉清(ユーチン)さんは9月22日夜、同省南東部の咸寧(かんねい)市の公園や広場で、歌ったり、踊ったりしながら伝道活動を行っていたところ、警察に連行された。

中国では、政府公認の教会以外は「地下教会」と呼ばれ、頻繁に中国当局から取り締まりを受けている。徐牧師たちは「シオン教会」という地下教会のメンバーだった。

徐牧師は過去にも宣教活動をめぐって当局と衝突したことがあり、8月下旬には、宗教活動に関する規則に違反したとして、宣教活動を停止するよう命じられていた。

チャイナエイドの9月の報告(英語)によると、中国共産党の第19回全国代表大会(10月18日〜24日)を前にした9月は、特に厳しい取り締まりが中国全土で行われていた。チャイナエイドの現地特派員は「まるですべての家の教会を一挙に排除しようとしているかのようだ」と伝えていた。

警察は24日には3歳の男の子を警察署に残し、徐牧師と玉清さんの2人を別の施設に移送した。移送先は不明で、2人に対する措置が行政的なものなのか、何らかの犯罪に対するものなのかも分かっていない。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング