信仰の関係を整えて御霊の実を結ぶ 万代栄嗣

2017年11月6日07時06分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:万代栄嗣

「しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません」(ガラテヤ5:22、23)

先日、教会に届けられた自然の秋の実りを味わっていながら、ふと思いました。私たちも実を結ばなくてはいけません。イエスは言われました。「あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、父があなたがたにお与えになるためです」(ヨハネ15:16)

私たちは2017年のここまでの歩みの中で、どんな実を結んできたでしょうか。良い実を結ぶどころか、悪い実を結んではいませんか。自らを省み、神の前に心の姿勢を正す者でありたいと思います。

今日の聖書の箇所でパウロは、御霊が働く私たちが必ず結ぶことができる実がある、これらを意識しようと語っています。クリスチャンであるなら、誰の心にもキリストの御霊は働いていて、主を見上げ続けるならばその実を結ぶことができます。どんな難しい律法を守るよりも、神の愛と聖霊の力が働いて私たちの人生の中で生み出されるこれらの実は、神に喜ばれる価値あるものなのです。

御霊の実を実らせるためには、3つの角度から自分の信仰生活を見つめ直す必要があります。

1. 神との関わり

愛、喜び、平安などの御霊の実を見ても、人間の理想や力だけでは生み出せないものであることを私たちは知っています。愛が良いことと知っていても、誓った愛が破られることもあり、愛したはずが憎しみに終わることもあります。ギリシャ語で平安と平和は同じ単語です。平和が大切だと分かっていても、人間は核兵器を手放せません。神と向き合い、しっかりとした関係を結ぶときに、本当の愛、喜び、平和を頂くことができるのです。神に対する信仰が忠実に機能しているか、もう1度確認しましょう。

2. 周りの人々との関わり

周りの人々に対する愛がおろそかになってはいませんか。寛容、親切、善意、誠実は自分の独り相撲では実現できません。家族や会社の仲間、友達、教会の兄弟姉妹との出会いの中に、寛容、忍耐のある本当の優しさがありますか。善意で事を行っているでしょうか。クリスチャンとして向き合うことを忘れてはいけません。憎んだままでいいですか。人々との関係の中に、キリストの血が通いますように。

3. 自分自身との関わり

自分に、クリスチャンであると信仰告白して、自制の実を結んでいるでしょうか。自分の素直な思いだからといって湧き上がる罪深い欲望やわがままに自分を委ねずに、イエスと共に歩むことです。

神との関係を整え、人々との関係を大切にし、自分自身を偽らずクリスチャンとして歩むことができ、御霊の実を結ぶ者とならせてくださいと祈りましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング