なにゆえキリストの道なのか(116)なぜ信じなければ罪が赦されないのか 正木弥

2017年11月4日05時42分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

キリストが十字架で死んだ事実は分かる。しかし、なぜ、それを信じなければ罪が赦(ゆる)されないのか。

「信じる」とは、自分の罪がキリストの十字架刑において代わりに罰されたということを信じ、受け入れることです。自分が受けるべき罰をキリストが代わって受けてくださった、ということを認め、信じ、感謝することです。もしそうしないなら、キリストの十字架の死は自分と関係せず、単なる歴史上の出来事で終わってしまいます。

その場合は、自分の罪は神に対して何のおわびも償いもなされていないことになるわけですから、赦されるはずがないのは当然です。

例えば、民法で債権の消滅時効という制度があります。1億円借りた人が、行き詰って返せなくなったとしても、お互いに何もせずそのまま10年たってしまえば、返さなくてもいいという制度です。ただし、それには要件があって、債務者は「あれは消滅時効にかかっています」と主張しなければなりません。この主張を「時効の援用」といいます。いくら10年たとうと、時効の援用をしない限り、借金を返さなければなりません。

それと同様に、キリストの十字架の死により人類の過去・現在・未来の罪が赦される道が開かれましたが、その恵みを個々人が受けるためには、「キリストの十字架の死は自分の罪のためでもあった、自分が受けるべき罰を受けてくださった」と信じ、言い表すことが要件なのです。それによって、罪が赦されるのです。

「人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われる」(ローマ10:10)

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング