教皇フランシスコ、メソジスト教会の指導者らと会談 対話50周年祝う

2017年10月31日17時48分 翻訳者 : 岡本告 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

カトリックとメソジストの両教会間のエキュメニカルな対話が始まってから、今年で50年を迎えた。これを記念して、世界メソジスト協議会(WMC)の指導者らは19日、バチカンを訪問し、ローマ教皇フランシスコと会談した。

バチカン放送(英語)によると、教皇は、これまでの継続的なコミュニケーションにより「私たちはもはや見知らぬ人ではありません」とコメント。洗礼により「神の家族の一員」だと語った。また、旧約聖書に記されている50年に1度の大恩者の年「ヨベルの年」になぞらえ、「私たちも疎遠と相互疑惑の奴隷から解放されました」と述べた。

訪問団の1人であるWMCのギリアン・キングストン副会長は、英国国教会の伝統に由来するメソジスト教会を「宗教改革の孫」と表現。ルーテル教会や英国国教会と違い、「私たちには、カトリック教会との間で解決すべきどんな歴史、教義、出来事もありません」と語った。

カトリックとメソジストの両教会は、50年前の1967年に「メソジスト=ローマ・カトリック国際委員会」を設置し、対話のための重要な協力関係を結んだ。キングストン氏によると、同委は第2バチカン公会議(1962〜65年)後に設けられた最初の国際委員会だという。

キングストン氏は、教皇を「すべての信仰者、また宗教を持たない人々の素晴らしい指導者」だとたたえ、両教会が相互に多くのことを学んでいると語った。

一方、教皇は、メソジスト教会の創始者であるジョン・ウェスレーに触れ、ウェスレーの説教、また「聖(きよ)め」(ホーリネス)の強調が、多くの人々をキリスト教信仰に導いたと指摘。他教派における聖霊の働きも認め、「彼らもまた、私たちが主により近づくことの助けとなり得るのですから、私たちは(他教派の存在を)喜ばずにはいられません」と語った。

カトリック系のCNA通信(英語)によると、教皇は、本当の一致には行動が必要だと強調。「これは、対話の新しい次元において、私たちを待ち構えている和解に向けた旅路なのです。私たちが共に祈り、和解と完全な交わりのために共に働かない限り、祈りと慈善について語ることはできません」と語った。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング