小坂忠さん、復帰の歌声は力強く 姉ヶ崎キリスト教会のチャペルコンサート

2017年10月30日12時13分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:小坂忠
+小坂忠氏、復帰の歌声は力強く 姉ヶ崎キリスト教会のチャペルコンサートで
椅子に座って熱唱する小坂忠さん=28日、姉ヶ崎キリスト教会(千葉県市原市)で
- 広告 -

シンガー・ソングライターで牧師(日本フォースクエア福音教団秋津福音教会の宣教牧師)の小坂忠さんが大きな手術を乗り越え、日本長老教会姉ヶ崎キリスト教会(梶川登牧師、千葉県市原市)で28日、復帰後初めてチャペルコンサートを行った。退院してまだ3週間だが、元気な姿で登場し、90分間にわたって、変わらぬ艶(つや)のある力強い歌声を、集まった約100人の観客の前で披露した。

小坂さんは7月末に体調不良を訴えて緊急入院。8月31日、10時間に及ぶ大手術を受ける前には、全国に祈りの輪が広がった。小坂さんは2カ月間もの入院生活を余儀なくされ、50日間の絶食で15キロも体重が落ちたが、10月初めに退院した。

「今日が復帰後初めてのコンサートとなりました。おなかを切っていますので、昨日、医者から『コルセットをしっかりして、あまり力を入れないように』と言われてきました。あまり大きな声を出すと、縫った後が裂けてしまうかもしれませんから、気を付けなければいけませんね」

そうユーモアを交えて話すと、会場からは大きな笑いとともに拍手が起こった。

小坂忠氏、復帰の歌声は力強く 姉ヶ崎キリスト教会のチャペルコンサートで
曲の合間、ほほ笑みを浮かべて証しをする小坂さん

小坂さんが1曲目に選んだのは、誰もが知っているスタンダードナンバー「Somewhere over the rainbow」(虹の彼方に)。小坂さんが闘病していたことを知るファンの中には、歌声を聞いて安心したのか、涙を流す人の姿も見られた。

「音楽には力がある」と力を込めて話す小坂さん。音楽活動の中で、刑務所や少年院などを訪問することもあるという。ある少年との出会いをこう話している。

「少年院でのコンサートの最後には、必ず出口のところで全員と握手をして見送ることにしています。『誰もそばにいなくても、あなたのことを見ていてくれる神様がいるんだよ』と話し掛けながら別れるんですよ。その時、ある少年が僕に『誰も信じてくれねぇんだよ』と言ったんです。誰も信じてくれない世界に彼はずっと生きてきてるんですよね。彼にひと言、僕は『じゃあ、俺が君のこと信じるよ』って言ったんです。何年かして、今度は刑務所に入っている彼から突然手紙が来ました。刑務所の中で読んだ本の中で、偶然、僕の写真を見つけたようです。それから、彼は教誨(きょうかい)師と聖書の勉強を始めて、その後来た手紙には、『今度、洗礼を受けたいと思っています』と書いてありました。『誰も信じてくれない』という孤独な世界に生きている彼らに、僕は何かメッセージを届けたい。そう思って、このような活動をしています」

小坂忠氏、復帰の歌声は力強く 姉ヶ崎キリスト教会のチャペルコンサートで
佐藤さんのギターサポートで圧巻の演奏

昨年、デビュー50周年を迎えた小坂さん。多くのファンを前に当時のヒット曲の一部を披露。観客を楽しませた。その後、小坂さんと共にギター演奏をした佐藤克彦さんのギターに合わせ、「主われを愛す」や「アメイジング・グレイス」などを観客と一緒に合唱した。

コンサートの終盤、自身が信仰に導かれたきっかけを証しした。

「今日は1つだけ、皆さんと聖書の言葉を分かち合いたい。『神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである』(ヨハネ3:16)。すてきな言葉ですね。神様は、私たち一人一人を愛してくださっているということ。今日、来た皆さんも覚えていていただきたい。誰が見捨てても、誰が離れていっても、神様はあなたを決して見捨てないということです。私の娘が2歳の時、大やけどを負ってしまったことがありました。私は、娘のためにやれることは何でもやろうと思いました。クリスチャンだった妻のおばあちゃんが、『あんたね、そんなに不安だったから、教会に行って祈ってきなさい』と言ってくれたのです。長髪のロックシンガーだった僕が教会に行くのは非常に勇気がいりました。教会ってみんないい人たちがいっぱいいると思ったから。1カ月後、娘の顔はきれいに治っていました。それまで、神様にすがる人生なんてかっこ悪いと思っていた。でも、その時初めて思いました。神様はいるんですよ」

コンサートの最後は「勝利者」という曲で締めくくられた。日本テレビの「誰も知らない泣ける歌」でも取り上げられた名曲だ。2カ月間の闘病生活は、つらく苦しいこともあった。「僕はもうダメかもしれない」と思ったこともあったという。しかし、いつも「僕は神様に愛されている」という大きな希望があった。人生を諦めないで、最後まで神様と共に走り抜ける人こそ、本物の「勝利者」だと話し、コンサートを締めくくった。

小坂忠氏、復帰の歌声は力強く 姉ヶ崎キリスト教会のチャペルコンサートで
コンサート後、花束を受け取る小坂さん

コンサートを終えると、一人一人との握手や写真撮影、サインにも気さくに応じた。変わらぬ笑顔と軽快で愛のあるトーク、そしてよりいっそう力強くなった歌声に、小坂さんの「大復活」を感じさせた時間となった。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:小坂忠

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング