牧師の小窓(101)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その17 出津救助院 福江等

2017年10月8日04時54分 コラムニスト : 福江等 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+牧師の小窓(101)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その17 出津救助院 福江等
旧出津救助院
- 広告 -

ドロ神父は外海(そとめ)地区の人々の極端な貧困を見て衝撃を受け、両親から譲り受けた莫大(ばくだい)な遺産をすべてなげうって外海のキリシタンのために尽くしたのでした。教会を建築した次にドロ神父のしたことは、出津(しつ)救助院を造ることでした。

その中心となる授産場を建築して、そこで女性たちは手に職をつけました。綿織物の製糸から製織、染色をはじめ、そうめんやパンの製造、醤油などの醸造を行っていきました。その建物自体がドロ神父の考案した特別な技法で造った建物で、世界遺産の申請の長崎教会群の一部に含まれています。

授産場ではマカロニやパスタなども製造されており、日本で初めての食べ物でした。製造されたパスタなどは長崎にいる外国人に売られていました。

農業にも通じていたドロ神父は、そうめんなどの材料になる小麦の種子をフランスから取り寄せて栽培し、水車小屋を使って製粉しました。落花生油を使った独特の製法で油となる落花生も地元の畑で栽培しました。こうしてつくられたそうめんは、「ドロさまソーメン」の名で今も親しまれています。

私たち一行のランチはこのドロさまソーメンでした。名前があまりよくありませんが、味はピーナッツの香りがするおいしい太めのソーメンでした。珍しい味でした。

牧師の小窓(101)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その17 出津救助院 福江等
ドロさまソーメン

当時外海地区では、伝染病がはやっていたため、ドロ神父はフランスやイギリスから医療器具や薬品などを取り寄せ、医師を雇い、診療所と薬局を開設しました。

1人の人がキリストを愛するが故に、遣わされた所ですべてをささげたことによって、この地方の人々の生活と人生に計り知れない影響を与えたのでした。私たちを案内してくださった地元のご高齢の男性からは、ドロ神父に対する感謝の気持ちがその言葉の端々から感じられ、感動せずにはいられませんでした。

牧師の小窓(101)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その17 出津救助院 福江等
授産場内部

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング