「許し」と「赦し」 菅野直基

2017年10月4日06時26分 コラムニスト : 菅野直基 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:菅野直基

「許し」と「赦(ゆる)し」。読み方は同じですが、中身やニュアンスが少し違います。「許し」は、「許可する」というような意味合いがあり、行為や行動の前段階でのことです。「赦し」は、すでに起こってしまった出来事や過ちに対して、「恩赦」をしたり、裁かずに受け入れることを指します。

適切な実例かどうか分かりませんが、人の前で講演をしたり、音楽の演奏や歌を歌ったり、何かを演じるときに、好意的ではない聴衆を前にすることがあります。プログラム上、私の名前が入っているのでステージに上がることができても、「こいつ何をするのか!?」と、聴衆のごく一部でも身構えている人がいるなら、緊張して固まってしまいます。

もし、身構えた人を喜ばせることができればいいのですが、逆に気に障ることをしたら、首を横に振られたり、「早く終われ!」というオーラを放出されたりして、蛇ににらまれた蛙のように黙殺され、それ以上何もできなくなるでしょう。

「許し」は、許容範囲の中においてのみ許されますが、それを超えたならば許されません。それは、私たちの日常生活の中でも経験済みだろうと思います。

「赦し」ならばどうでしょう。私の存在のすべてが赦され、認められ、何を言おうが、何をしようが好意的な眼差しで受け止められます。自分の持ち味を出し切れるばかりか、自分の持っているもの以上が引き出され、聴衆の反応は好意的で、笑ったり、泣いたり、拍手のオンパレードです。「赦し」には、ステージと会場を隔てるものはなく、一体になれます。「赦し」は、自分の能力が最大限に生かされる雰囲気です。

神様が与えられる「許し」と「赦し」は何でしょうか。聖書は、「すべてのことが私には許されたことです。しかし、すべてが益になるわけではありません。私にはすべてのことが許されています。しかし、私はどんなことにも支配されはしません」(Ⅰコリント6:12)と語ります。

「すべてのことが許されている」。けれど、「すべてが益になるわけではありません」と書かれています。

神様は私たちを赦しておられますが、益にならず害になったり、痛い目に遭うことだったり、不幸になったり、致命的な失敗をするようなことは許されず、制限を与えられます。神様の「許し」は、痛い思いをしたり、致命傷を負ったりしないように、時に厳しく叱られます。

真の自由は、ちゃんとしたルールの上に成り立っています。車を運転するときに、道路交通法がなかったとしたら、常に事故に遭う恐れがあります。信号もなければ、右側通行か左側通行かも決まっていません。

しかし、道路交通法がしっかりあるので、安心して車に乗ることができます。ルールは必要なのです。

神様は、あなたが失敗しないように、傷つかないように、あらかじめ「これをしてはいけない!」「これをしなさい!」と教えられました。あなたを愛しているので、見て見ないふりはできないのです。

しかし神様は、モニターカメラで監視するように私たちを監視し、見張っているのではなく、幸せと安全を願い、「これを超えてはいけない!」と教えられても、その瞳は優しくほほえみ、愛の眼差しであなたを温かく見守っています。

神様の「赦し」の方はどうでしょうか。失敗してしまったとき、愛の眼差しは悲しい眼差しに変わるかもしれませんが、あなたへの愛は変わりません。

神様は、「罪を水に流す」ことはできません。罪は罪です。神様が罪を裁かないとしたら、その正義は地に落ちてしまいます。罪はどこに行ってしまったのでしょうか。

その罪のために、独り子イエス・キリストが十字架で罪を背負って死なれたのです。あなたの罪がどんなに大きくても、あなたがどんなに大悪党であっても、完全にあなたを赦し、1点のシミもなく聖(きよ)めてくださいます。

極めつけは、1度赦した罪は2度と思い出されることがありません。

人は、時々過去の失敗や罪を思い出します。しかし神様は、あなたが悔い改めた罪を完全に忘れ去ってくださったのです。何という解放感でしょうか。神様の「許し」はあなたを守ります。しかし、神様の「赦し」はあなたを自由にします。

ステージ上で、何をしてはいけないか、どうしたらいいかを知っていて、かつ、聴衆からすべてが赦され、受け入れられているとしたら、自由にのびのびと、あなたの能力のすべてを発揮できることでしょう。

あなたの人生は、あなたのステージです。神様は、スポットライトで出演者を照らすように、あなたに注目し、愛の眼差しであなたを応援しておられます。

あなたは最高の名優として、あなたに与えられた人生ステージの上で、神様の眼差しを意識しながら最高の演技をしてください。

良い1日でありますように。神様の祝福をお祈りします。

菅野直基

菅野直基(かんの・なおき)

1971年東京都生まれ。新宿福興教会牧師。子ども公園伝道、路傍伝道、ホームレス救済伝道、買売春レスキュー・ミッション等、地域に根ざした宣教活動や、海外や国内での巡回伝道、各種聖会での讃美リードや奏楽、日本の津々浦々での冠婚葬祭の司式等、幅広く奉仕している。日本民族総福音化運動協議会理事。

新宿福興教会ホームページ (メッセージをくだされば、皆さんの近くの教会を紹介致します)
菅野直基牧師のフェイスブック

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:菅野直基

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング