主の恵みに近づく秘訣 万代栄嗣

2017年10月2日06時19分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:万代栄嗣

「ナアマンは馬と戦車をもって来て、エリシャの家の入口に立った。エリシャは、彼に使いをやって、言った。『ヨルダン川へ行って七たびあなたの身を洗いなさい。そうすれば、あなたのからだが元どおりになってきよくなります。』・・・彼のしもべたちが近づいて彼に言った。『・・・ただ、彼はあなたに「身を洗って、きよくなりなさい」と言っただけではありませんか。』そこで、ナアマンは下って行き、神の人の言ったとおりに、ヨルダン川に七たび身を浸した。すると彼のからだは元どおりになって、・・・きよくなった」(Ⅱ列王記5:9~14)

今日はナアマンの癒やしの物語を通して、私たちの信仰生活を神に喜ばれるものへと軌道修正し、自分の信仰を成長させるための秘訣を学びたいと思います。3つの目の付けどころを確認しておきましょう。

ナアマンは、イスラエルの敵国アラムの王の将軍であることを覚えておきましょう。一歩間違えば戦争になるという緊張状態での物語です。

1. 神ご自身が働かれる御業を求めよう

神は私たちの想像をはるかに超えて力強く働かれ、無から有を、すべてのものを生み出すお方です。あなたの信じている神は、奇跡まで起こすことのできる全能の神でしょうか。ナアマンはさまざまな手続きを経てやっと預言者エリシャのところまで来ました。丁重にもてなされると思ったにもかかわらず、エリシャは顔も見せず、ヨルダン川で7回体を洗いなさい、と電報のような言葉を伝言しただけでした。

その無礼さにナアマンは激しく怒りますが、賢い家来たちになだめられ、エリシャの言葉に従い、7度目に川から出てきた瞬間、彼の肌は完全に癒やされていたのです。私たちに必要なのは当てにならない人の慰めの言葉や手続き、理屈ではなく、神の御力です。私は神の御業を求める、とはっきりと意識し、主よ、私はこの1週間も神が直接働いてくださることを求めます、と積極的な信仰を働かせてまいりましょう。

2. 自分の思いではなく、神の御言葉に従う

ナアマンは激怒し、危うく癒やされることなくアラムに帰ってしまうところでした。何が問題だったのでしょう。彼の感情のもつれです。彼は一生懸命頑張り、複雑な手続きをしてきたのだから、手厚くもてなされたいと思っていたのですが、彼のために本当に必要なのは、彼の気持ちを満たすことではなく、彼を癒やすための神の言葉が与えられることだったのです。それが際立つように、エリシャは顔も見せません。ナアマンに必要なのは、明瞭な神の言葉だけだったからです。

私たちはしばしば自分の感情や欲求に従い、自分が愛され、大切にされ、持ち上げられることを求める傾向があります。しかし、自分の身勝手な感情よりも、神を第一とし、御言葉に従えばいい、と自分に言い聞かせようではありませんか。まず神の国とその義とを求めなさい。そうすれば、これらすべてのものは神の国に添えて与えられます。

生活の中に必要なもの、欲しいものもあるでしょう。しかし、何よりも私たちに命を与えてくださった神の御言葉を受け止め、身勝手な思いではなく神の御言葉に従えるよう自分を成長させてくださいと祈りましょう。

3. 神による清めと癒やしを頂く

ナアマンの心の中には人間的な手続きや方法、自分の感情、勝手な自己判断しかありませんでした。しかし、彼に求められていたのは、神の清めの力、癒やしの力を体験することであり、そのために、御言葉に従うことでした。

神への求めを、人間的な薬や手術の延長上にしてはなりません。表面的な病気の癒やしではなく、自分の魂が、イエス・キリストに結びつき、癒やされ、解放されるという神の恵みを求めましょう。神との交わりを求め、神の御業を直接頂くことです。神が共におられることを体験するために、神に期待して祈り、神の御業を全身で頂きましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング