聖書のデータ入ったUSBメモリー千個を北朝鮮へ 脱北者が風船で飛ばす

2017年9月29日15時37分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:北朝鮮韓国
+北朝鮮
(写真:Stephan)
- 広告 -

脱北者の鄭光逸(チョン・クァンイル)氏(54)が17日、350個のヘリウムガス風船を使って、聖書の一部のデータが入ったUSBメモリー千個を、韓国側の国境から北朝鮮に向けて飛ばした。

UPI通信(英語)によると、韓国を拠点とする脱北者団体「ノー・チェーン」の創設者である鄭氏は、韓国北西部の京畿道(キョンギド)の国境付近から北朝鮮領内に風船を飛ばした。USBメモリーは、米国の大学生や高校生らが寄付したものだという。

「私たちは、すべての風船が北朝鮮の金剛山(クムガンサン)地域に落下したのをGPSで確認しました」。金剛山は、北朝鮮南東部の江原道(カンウォンド)に位置している。鄭氏は「今年はこの打ち上げで最後です。風向きが変わってしまうからです」と続けた。

鄭氏は北朝鮮で、無罪だと主張していた罪状により、労働教化刑を言い渡され、2000年から3年間、収監されていた。03年に脱北し、韓国で北朝鮮に対する人権活動を行っていたが、現在は韓国外に拠点を置いて活動している。

米アトランティック誌(英語)によると、鄭氏はヘリウムガス風船や密輸人、ドローンなどを使って、ハリウッド映画や韓国のテレビ番組、脱北者の証言などさまざまなものを記録したUSBメモリーやSDカード、その他のデバイスを北朝鮮に送っている。

「最近では、(チュニジアの)ジャスミン革命やアラブの春(の映像)を送りました」。昨年8月のアトランティック誌の記事で、鄭氏はそう語る。「北朝鮮ではどうしてこういった革命が起こらないのでしょうか。その理由は簡単です。この国では情報が遮断されているのです。民衆は、自分たちの状況が本当に恐ろしいものであることを知りません。私たちは無知を打破したいのです」

大まかな見積りによると、北朝鮮では、約1割の世帯にパソコンがあり、都市部の場合、約半数の世帯が中国製のポータブルメディアプレーヤー「ノーテル」を所有している。

迫害下のキリスト教徒を支援する「殉教者の声」(VOM)の韓国支局も15年、北朝鮮南部に聖書を送った。

VOM韓国支局の代表を務めるエリック・フォリー牧師は、「北朝鮮では、聖書を所持することが危険であることは子どもでも知っています。(海外から支給された)靴下や衣服、食糧でさえ危険なのです。聖書を拾う人々は、自分たちの行為が非常に危険で、処刑される恐れさえあることを知っています」と言う。

脱北者のリム・ヒヨンさん(26)が最近、英デイリー・ミラー紙(英語)のインタビューで語ったところによると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、学校から連れてきた10代の子どもたちを性奴隷として囲い、民衆が飢えている一方でぜいたくな生活をし、公開処刑を見るよう子どもたちにも強制するという。

現在、ソウルに住んでいるリムさんは、15年に平壌から母親と弟と一緒に逃げることができた。父親のリム・ウイヨンさんは51歳で亡くなったが、呼べばいつでも駆け付けてくれる存在だったという。金正恩政権に関して秘密裏に知恵を授けてくれたのも、朝鮮人民軍の大佐をしていた父親だった。

リムさんは北朝鮮にいたとき、同級生たちと共に、ポルノビデオを作った罪で訴えられた11人の北朝鮮人音楽家の公開処刑を見るよう命じられたという。

「音楽家たちは引き出され、縛られた上で、フードで目隠しをされ、猿ぐつわをされているようでした。彼らは黙ったままで、命乞いをすることも叫ぶこともしませんでした。私はその日、それを見たせいで胃の調子が悪くなりました。音楽家たちは対空砲が鳴り響く中、鞭(むち)で打たれていました」

キリスト教の迫害監視団体「オープン・ドアーズ」によると、北朝鮮の労働収容所では5万〜7万人のキリスト教徒が苦しめられている。

また、英国に拠点を置く別の迫害監視団体「世界キリスト教連帯」(CSW)の昨年の報告書によると、北朝鮮の共産党政権は、キリスト教徒らを道路工事用のスチームローラーでひき殺したり、激しく燃える炎の上で十字架刑にしたり、橋の上から集団で落としたり、他の残酷な手段を使って拷問したという。さらに、血縁者に対しても共謀罪を適応し、キリスト教を信じているか否かを問わず勾留するという。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:北朝鮮韓国

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング