東京都:JOCSチャリティー映画会「母 小林多喜二の母の物語」 10月20日

2017年9月26日21時08分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+東京都:JOCSチャリティー映画会「母 小林多喜二の母の物語」 10月20日
- 広告 -

日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)主催のチャリティー映画会「母 小林多喜二の母の物語」が10月20日(金)、東京都江東区のカメリアホールで行われる。

映画「母 小林多喜二の母の物語」は、『蟹工船』などのプロレタリア文学を世に書き残し、治安維持法下で殺された作家、小林多喜二を支えた心優しい母親・セキの物語。

JOCSの担当者は、「平和を願い、その実現に真剣に向き合った多喜二の思いは、戦争への深い反省に立ち、和解と平和の実現を願って活動している私たちJOCSの思いと重なります。この作品を、物が言えない国に戻りつつある日本で、今だからこそ、ぜひ多くの方にご鑑賞いただき、真の平和とは何か、皆さんとご一緒に考えたい」と参加を呼び掛けている。

日程の詳細は次の通り。

■ 日時:10月20日(金)
① 午前10時30分~12時50分
② 午後2時~4時20分
③ 午後6時30分~8時50分
※開演の30分前開場、各回入れ替え制。

■ 場所:カメリアホール
東京都江東区亀戸2丁目19-1カメリアプラザ3階(JR「亀戸」駅から徒歩2分)

チケットは前売り1200円(当日1500円)。収益は海外保健医療協力事業のために使われる。詳細はJOCSのホームページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング