東京都:みなと区民大学「宗教改革と世界史の転換」 明治学院大学で10月3~20日

2017年9月25日18時19分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:明治学院大学

2017年度秋期みなと区民大学(生涯学習講座)「宗教改革と世界史の転換」(全6回)が10月3日から20日まで、東京都港区の明治学院大学白金キャンパスで行われる。

ドイツでマルティン・ルターが教会の扉に95箇条の論題を貼り付けたところから始まった宗教改革が、今年500周年を迎える。野火のように広がったその力は、社会、政治、経済にも影響を与えながら、日本をはじめとするアジア諸国にまで及び、世界を変えてきた。その連鎖は今日に続く。

今回の講座では、社会を変えた音楽から始まり、現代の東アジアへの影響までを俯瞰(ふかん)しつつ、宗教改革以降の500年を巡る。初回の講義は明治学院礼拝堂で実施し、歴史的工法で制作された貴重なパイプオルガン演奏を楽しめる。

日程の詳細は次の通り。

第1回 10月3日(火)午後6時45分~8時30分
音楽が社会を変えた!―宗教改革の音楽観と当時の社会状況から現代を見る―
長谷川美保(明治学院音楽主任者・オルガ二スト)

第2回 10月6日(金)午後6時45分~8時15分
宗教改革と「政治の再起動」
田上雅徳(慶応義塾大学教授)

第3回 10月10日(火)午後6時45分~8時15分
宗教改革者たちの生涯と思想
出村彰(東北学院大学名誉教授)

第4回 10月13日(金)午後6時45分~8時15分
宗教改革と経済、近代資本主義の形成
大西晴樹(明治学院大学教授)

第5回 10月17日(火)午後6時45分~8時15分
宗教改革の源流にあるもの―歴史を変えた人文学とエラスムス―
木ノ脇悦郎(元福岡女学院院長)

第6回 10月20日(金)午後6時45分~8時30分
宗教改革とアジア―キリスト教と帝国主義、近代民族主義との関係―
大西晴樹(明治学院大学教授)
徐 正敏(明治学院大学教授)

受講料は2500円(全6回分)、要事前申し込み。問い合わせは、明治学院大学総合企画室社会連携課(03・5421・5247)まで。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:明治学院大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング