牧師の小窓(99)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その15 ドロ神父 福江等

2017年9月24日05時10分 コラムニスト : 福江等 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:福江等
+牧師の小窓(99)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その15 ドロ神父 福江等
マルク・マリー・ド・ロ神父
- 広告 -

アフリカの旧コンゴのランバルネの村で診療所を開いて、その生涯の大半をその地方の人々のために注ぎ出したアルベルト・シュバイツァー博士は、「誰でも心のランバルネが必要である」と言いました。「心のランバルネ」というのは、その人がこの地上で自らの使命を果たし尽くす一隅を指していると思われます。

私ども一行が訪ねて行った長崎県の外海(そとめ)地方では、1人のフランスの神父マルク・マリー・ド・ロ(1840~1914、通称ドロ神父)という方のことが深く印象に残りました。この方にとって外海は「心のランバルネ」であったのだろうと思います。ドロ神父がこの地方で明治の初めから生涯を注ぎ出して行ったことが、現在もなお引き継がれ、語り継がれていることを知り、この方の人となりとその信仰を垣間見る思いがいたしました。このドロ神父という人について記してみたいと思います。

ドロ神父は、フランスのノルマンディー地方ヴォスロールという村の裕福な貴族の家に生まれました。幼い頃から、父親がさまざまな所へ連れて行っては多種多様な経験をさせていったようです。大工の仕事や農業の経験、成長してからは建築や土木、医療から印刷技術、はたまた養蚕から工業に至るまで、驚くほど幅広い経験と技術を身につけさせたのです。こういった経験や知識が後年、日本に来てからことごとく用いられ、外海地方の社会福祉に大きく貢献したのでした。

神学校を卒業してパリ大学に進み、1865年にカトリック教会の司祭になっています。1865年というと、長崎では大浦天主堂に隠れキリシタンが十数人現れて、プチジャン神父に自分たちの信仰を表明した歴史的事件が起きた年であります。いわゆるあの「信徒発見」です。プチジャン神父もフランス出身であって、68年にフランスに一時帰国したときに、ドロ神父と出会いました。信徒発見のことを聞いてから、ドロ神父の心の中に日本への召しが芽生えたのでした。そして、その年の6月に来日したのです。

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング