中国のカトリック信徒ら、「祈り」の抗議で当局による教会取り壊しを阻止

2017年9月7日17時42分 翻訳者 : 岡本告 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+中国のカトリック信徒ら、「祈り」の抗議で当局による教会取り壊しを阻止
教会の取り壊しに抗議するため、ショベルカーの前で立ったり座ったりしているカトリック教会の司祭や信徒ら(写真:アジア・ニュースの動画より)
- 広告 -

中国山西省のある村で、当局による取り壊しの危機にあったカトリック教会を司祭や信徒らが取り囲み、取り壊しを食い止める出来事があった。人々は祈りながら抗議し、中にはショベルカーの上に立ち、「イエスは私を救ってくださいます!」「母なるマリアよ、私たちを憐(あわ)れんでください!」などと叫ぶ人もいたという。

カトリック系メディア「アジア・ニュース」(英語)によると、この出来事は8月29日、同省南東部の長治市に近い王村で起こった。小雨が降る中、司祭たちと多くの信者たちが教会の周囲に集まり、「当局者たちの心を和らげ、宗教の自由を保護する国の法律に従って行動するようにさせてください」と神に祈り求めた。

取り壊しの危機にあったのは20世紀初頭に建てられた古い教会で、当局は10年前に修復の許可を与えていたという。4カ月前からやっと修復作業が始まったが、「都市計画」のために心変わりし、教会の解体を命じたという。中国共産党の地区委員会と地元当局は、「教会が解体された後には、人々の生活を豊かにするための広場が建設される予定です」と説明している。

アジア・ニュースによると、長治市は人口約350万人のうち5万人がカトリック信徒で、47人の司祭が奉仕している。長治教区内には60以上の教会と礼拝堂がある。

■ 教会の取り壊しに抗議する人々

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング