ザビエル肖像画やキリシタン墓碑が発見された山里 茨木市立キリシタン遺物史料館

2017年9月6日07時06分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:高山右近
+ザビエル肖像画やキリシタン墓碑が発見された山里 茨木市立キリシタン遺物史料館
この地で見つかった墓碑を写し取った拓本。「慶長六年 佐保カララ 四月一日」とあり、その上にあるのは二支十字。「干」ではなく、上の横線は罪標を表す(画像:茨木市立文化財資料館提供)
- 広告 -

JR茨木駅からバスで40分。千提寺口(せんだいじぐち)バス停からさらに10分ほど山道を歩いた場所に茨木市立キリシタン遺物史料館はある。京都との府境に近いこの付近で、大正時代、「上野マリア」「佐保カララ」らのキリシタン墓碑(江戸時代初期)が発見され、また家々からは次々とキリシタン遺物が出てきた。それらを展示するキリシタン遺物史料館が建てられたのは今から30年前のこと。

今年、高山右近(うこん)の列福式が行われたのに伴い、ひそかに人気の観光地となっている。同館を訪れるのは、日本人クリスチャンや歴史愛好家・研究者をはじめ、海外から訪れる人も多い。特に韓国からの訪問者が多く、中には涙を流しながら遺物を見、賛美歌を歌って帰る観光客もいるという。

この近隣には現在もなおキリシタンの末裔(まつえい)が住んでいる。同館の管理は、茨木市から委託され、そうした家の女性たちが持ち回りで行っている。

キリシタンの足跡を知る貴重な遺物を展示している史料館は、決して広くはないが、一つ一つの遺物からは、今の時代を生きる私たちへの叫びが聞こえてくるようだ。多くの歴史教科書に紹介されている聖フランシスコ・ザビエルの肖像画も、1920年、この史料館の向かいにある東家で発見された。現在は神戸市立博物館に所蔵されているが、そのレプリカが同館には展示されている。

キリシタン大名、高山右近の領地であるこの地に、キリシタンが多く存在していたことは想像に難(かた)くない。農家が多く、ひっそりとした山奥で静かに信仰を守り続けてきたのだ。1573年に高槻城主になった右近は、熱心に伝道活動を行った。イエズス会の宣教師ルイス・フロイスが記した『日本史』によると、高槻領内には20を超える教会が建てられ、81年に高槻で復活祭が行われた時には1万人以上のキリシタンが集まり、その光景は「まるでローマのようだった」と書かれている。しかし、87年に豊臣秀吉がバテレン追放令を出すと、右近は自ら大名の地位を捨てる。さらに1612年には徳川家康がキリシタン禁教令を発し、14年、右近はマニラへと追放され、翌年に帰天した。

ザビエル肖像画やキリシタン墓碑が発見された山里 茨木市立キリシタン遺物史料館
展示の様子。展示室は一室のみだが、一つ一つの遺物は貴重なものばかり=8月28日、茨木市立キリシタン遺物史料館で

そのような中、この山里に住むキリシタンたちは、表向きは仏教徒のように見せかけていたが、ひそかに固い信仰を守り抜いていた。辺りには、「クルス山」と呼ばれる小高い山などがあり、ゆかりある土地名も残されていた。

1919年、キリシタン研究家で教誓寺住職の藤波大超(ふじなみ・だいちょう)は、茨木市の山あいの地域、この千提寺周辺にキリシタンがいたとの仮説をもとに調査を開始。地元の老人らを中心に聞き取りを行った。しかし、誰1人としてキリシタンに関する話をする者はいなかった。大正に入った当時でも、「そのことを明かすと捕らえられるのでは」と考えられていたからだ。

やがて何度も通ううちに、ある老人が「うちの山に面白い墓がある」と見せてくれたのが、十字の刻んであるキリシタン墓石だった。このことがきっかけとなり、周辺の家の調査がさらに進められた。

墓碑発見に協力した東家からは「あけずの櫃(ひつ)」が出てきた。これは先祖代々、長男(世継ぎ)にだけ語り継がれていたが、決して開けることのなかった長細い木製の櫃。その中から発見されたのが、前述の聖フランシスコ・ザビエルの肖像画だ。他にも、型から取り外すことのできる折り畳み式のイエスと十字架の像や聖画が数多く入っていた。

千提寺の隣の下音羽(しもおとわ)にも調査は及び、キリシタン末裔の家からは続々と遺物が発見された。筒が台所の天井の柱にくくりつけてある家や、蔵に遺物を大切にしまい込んでいる家もあった。

ザビエル肖像画やキリシタン墓碑が発見された山里 茨木市立キリシタン遺物史料館
「あけずの櫃」に入っていた金属製の筒と、十字架のない珍しい木製のキリスト磔刑像(茨木市指定文化財)。キリストの腕を外して円筒の中に入れられていた(画像:茨木市立文化財資料館提供)

この地域には、最後の隠れキリシタンで「キリシタン3姉妹」と呼ばれた老婦人がおり、その中の1人、東イマさんの孫にあたる女性が、茨木市の保存する資料ビデオの中で次のように話している。

「おばあちゃんは幼い日、踏み絵の経験があったと聞いています。イエス様の絵が描いてあるその板を前に、あまりにももったいなくて踏むことができなかったのですが、その板の前で転んでしまい、自分の体で踏み絵を踏むことになったそうです。足で踏むことはありませんでしたが、まだ幼かったので役人も許してくれたのでしょう」

口伝えによって伝承されてきた祈り「アベマリアのオラショ」も、この天保(てんぽう)年間生まれの老婦人たちによって再現された。それにより、遺物だけでは知ることのできない儀式や風習の様子を垣間見ることができたという。

このニュースは世界に伝わり、1926年にはローマ教皇使節一行が千提寺を訪問している。

ザビエル肖像画やキリシタン墓碑が発見された山里 茨木市立キリシタン遺物史料館
「マリア十五玄義図」(大阪府指定文化財)。1930年、屋根の葺き替えの際、屋根裏の梁にくくり付けられた竹筒の中にこの絵が巻かれた状態で発見された(画像:茨木市立文化財資料館提供)

千提寺や下音羽のキリシタン末裔の家は、下音羽にある曹洞(そうとう)宗高雲寺を菩提寺としている。高雲寺からはキリシタン墓石が発見された。また、高雲寺の親寺である崇禅寺(大阪市東淀川区)には、明智光秀の三女でキリシタンとして有名な細川ガラシャの墓がある。この地方のキリシタンの足跡を知る貴重な資料である高雲寺の過去帳は、太平戦争当時、この崇禅寺に預けられたが、その後、行方が分からなくなり、この地の隠れキリシタンのルーツがどこにあるのか、現在では闇に葬られたままだ。

静かな山奥で人知れず信徒たちはただ神を信じ、天を見上げて不安や恐怖と戦っていた。声高らかに主を賛美し、苦しい時に祈りの声を上げ、喜ぶ時には「ハレルヤ」と叫べる今日。先人の信仰に敬意を感じずにはいられない。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:高山右近

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング