5人の有名人のキリストにある「終活」 込堂一博著『人生の先にある確かな希望』

2017年8月28日06時24分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+人生の先にある確かな希望
込堂一博著『人生の先にある確かな希望』(イーグレープ)
- 広告 -

2013年、旭川めぐみキリスト教会牧師を65歳で定年退任した込堂一博(こみどう・かずひろ)さんの新著『人生の先にある確かな希望』が4月、イーグレープから発売された。5人の有名なクリスチャンの終末期の過ごし方から「終活」のヒントが与えられる、伝道にも使いやすい小冊子だ。

まず登場するのは上智大学名誉教授であるアルフォンス・デーケンさん。妹が4歳の時、白血病を患い、召天。彼女は死の間際、「お父さん、さようなら」「お母さん、さようなら」と家族一人一人にあいさつし、「また天国で会いましょう」と言って間もなく息を引き取ったという。その時、8歳だったデーケンさんは次の御言葉を実感した。

「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる」(ヨハネ11:25)

家族全員が彼女と天国で再会できることを確信し、深い悲しみの中にも希望を見いだして生きていこうと心に決めた。この経験からデーケンさんは「死生学」をライフワークとして研究する道に進んだという。

また、フジテレビのニュースキャスターだった山川千秋さんは1988年、食道ガンの手術後に併発した腎不全で55歳の若さで召天した。山川さんがガンの宣告を受けた時、妻の穆子(きよこ)さんは、「末期のガンになった主人に残された希望の支えは信仰しかない」と確信し、祈り続けたという。

宣教師が病室を訪ね、イエスの十字架と復活、そして「死は終わりではない」ことを告げると、山川さんは涙を流して話を聞き、イエスを救い主として受け入れた。その後、御言葉に触れるようになってからは落ち着きを取り戻し、明るい表情になったという。妻に宛てた遺書には、「すべてを主にゆだね、二人の息子を信じてたくましく生きてください」と記されていた。

サイコセラピストで教育学博士の近藤裕(こんどう・ひろし)さんは、「天国からのメッセージ」として、毎年、誕生日を迎えるたびに自分の「お別れのことば」を録音し、翌年の誕生日に更新するという作業を繰り返していた。実際に近藤さんの葬儀で流された言葉は次のように結ばれていた。「本当にありがたいお一人おひとりとの出会いでした。ありがとうございました。では、これで、天国に向かって旅立ちます。また、天国でお会いできることを楽しみに、お待ちしております。さようなら」

日本福音キリスト教会連合岩井キリスト教会牧師だった井戸垣彰(いどがき・あきら)さんは、死の間際、妻が詩編23編を朗読し、祈りつつ召された。「造り主なるあなたの御手にゆだねます」という祈りが井戸垣さんの最後の言葉だった。後に妻の弥生さんは、「心電図がついに止まった時、主が死の陰の谷を共に渡ってくださったと感じた」と語る。

最後は、三浦綾子さんの夫である光世さんの証し。込堂さんが旭川めぐみキリスト教会牧師に就任したのは91年4月。その頃、三浦夫妻は、教会から徒歩2分ほどの場所に住んでおり、全国のファンからの贈り物のおすそ分けにあずかっていたほど、三浦夫妻とは親しく交流を重ねた。

光世さんは生前、「死んだら、罪を犯す心配もないし、天国に入らせてくださるという約束はあるし。天国では、もう死ぬこともないんだからね」と輝く笑顔で語っていたという。

99年10月、綾子さんが召天。光世さんは深い悲しみを乗り越え、綾子さんが残した仕事の整理、三浦綾子文学館館長としての働き、執筆や講演活動などで多忙な日々を送った。また、全国の教会で行われている三浦綾子読書会にも参加し、著書の創作秘話、裏話などを参加者と分かち合った。

やがて晩年の光世氏は講演活動もほとんどしなくなり、文学館に出向くことも少なくなっていた。そして綾子氏の召天から15年後の14年10月30日、90歳で、愛する妻のいる天国へと旅立っていった。

込堂さんはこの証しを以下の御言葉で結んでいる。

「神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである」(黙示録21:3、4)

死を間近にして恐れや不安を抱えながらも、天国でイエスとまみえる日を思い、平安を与えられて召される幸い。副題に「天のふるさと」とあるように、そのふるさとに愛する者を送った遺族と、ふるさとに帰った召天者たちの証しに深い感動を覚えた。

込堂一博『人生の先にある確かな希望
2017年6月10日初版
B6判・66ページ
イーグレープ
定価500円(税別)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング