イラク初の女性クリスチャン町長誕生、バグダッド市長に続き2人目の女性首長

2017年8月11日17時41分 翻訳者 : 岡本告 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+イラクで初の女性クリスチャン町長誕生、バグダッド市長に続き2人目の女性首長
女性のキリスト教徒として、イラクで初めて町長に選ばれたララ・ユシフ・ザラ氏(前から2列目の左から3人目)。ザラ氏の右に立っているのは、カルデア典礼カトリック教会のルイス・ラファエル・サコ総大司教。(写真:ツイッター / Iraqchristians)
- 広告 -

イラク北部の小さな町アルコシュで、同国初となるキリスト教徒の女性町長が誕生した。地方自治体の首長に女性が選ばれるのは、2015年に首都バグダッドの市長に就任したイスラム教徒のゼクラ・アルワチ氏に続き2人目。

英カトリック・ヘラルド誌(英語)によると、カルデア典礼カトリック教会の信徒であるララ・ユシフ・ザラ氏(35)が7月27日、対立候補の1人を破り、町議会の全会一致で町長に選出された。

ザラ氏は経済学と経営学を修め、06年に大学を卒業。汚職のために解任されたアブドゥル・ミカ氏の後任となる。

アルコシュは、約3年間にわたって、過激派組織「イスラム国」(IS)が占拠し、拠点としていた同国第2の都市モスルの北約50キロに位置する。人口は約1万人で、住民のほとんどがキリスト教徒。現在、キリスト教徒を含む同国の少数派が、クルド人自治政府による独立運動を支援すべきかをめぐって緊張が高まっており、ザラ氏が住民の間に一致をもたらすことに期待する声が出ている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング