トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

日本人に寄り添う福音宣教の扉(26)主と共に「死」に寄り添う 広田信也

2017年8月11日13時14分 コラムニスト : 広田信也 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

「祝宴の家に行くよりは、喪中の家に行くほうがよい。そこには、すべての人の終わりがあり、生きている者がそれを心に留めるようになるからだ」(伝道者の書7章2節)

核家族化が進み、「死」を間近に経験することの少ない時代だが、日本では毎日4千人近い人が、主に病院や施設で亡くなっている。元気に活動している人から目を移し、弱さの極限である「死」に向かう人々に寄り添うなら、人の終末の現場を目の当たりにすることになる。

今年も8月中旬にエンディング産業展が東京のビッグサイトで開催され、3万人近い来場者が見込まれている。内容は、終活・葬儀・埋葬・仏壇・供養・終末関連の企業展示である。多死社会といわれる日本では、「死」を題材としたビジネス界の活況が著しい。

葬儀を契機とした宣教の働きを担う私たちも、目的が宣教とはいえ、このような産業と大いに関わりがある。しかし、単なる企業活動と異なるのは、私たちの内に住むキリストが、人の思いをはるかに超えて「死」に寄り添ってくださることである。宣教の醍醐味(だいごみ)はまさにここにある。

有限の世界に生きる人間は、どのような働きをもってしても「死」を乗り越えることはできない。しかし、私たちを造られた方は、人の「死」に寄り添い、溢れるばかりの慰めと永遠の希望を与えてくださる方である。この力強い方こそ、復活の主イエス・キリストである。

キリストは、謙遜をまとって寄り添ってくださる。

すべての人は罪を犯し、神から遠く離れ、死ぬべきものになったと聖書にあるが、そのような絶望的な人の世界に、天地を造られた全能の神の独り子が、人間の赤子としてお生まれになった。

キリストが生まれたのは、ベツレヘムの家畜小屋であった。どのような弱さの中にある者でも招かれていることのしるしである。この方は、人の弱さのただ中に、謙遜を身にまとって寄り添ってくださる。

キリストは、私たちの「死」の苦しみを背負ってくださる。

キリストが、人の罪の身代わりとなって十字架にかかったことは誰もが知っている。しかし、その意味を本当に知るのは、人が「死」の苦しみを実際に味わうときである。「死」を迎えようとする本人とその家族の苦しみをキリストは確かに背負うことができる。

「死」の現実を前にして、やり場のない悲しみ、苦しみを抱え、助けを求める人々のもとへ、恐れることなく、ためらうことなく寄り添ってくださるのは、イエス・キリストご自身である。

キリストは、「死」に勝利して寄り添ってくださる。

キリストは、十字架にかかり、死んで葬られたが、3日目に「死」を打ち破ってよみがえられた。人には解決できない「死」に勝利して、永遠の体をもって復活されたのである。

人にとって「死」は、悲しみであり絶望である。その先にいかなる希望も人の中から見いだすことはできない。しかし、「死」を打ち破って永遠に生きておられるキリストは、私たちに真の慰めと希望を与えてくださる。この方が人の「死」に寄り添ってくださるからこそ、「人は死んでも生きる」というキリストの言葉が力強く私たちに響いてくる。

「イエスは言われた。『わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか』」(ヨハネの福音書11章25、26節)

私たちは、キリストと共に人の「死」に寄り添うように導かれている。「死」は確かに悲しい現実である。しかし、キリストご自身が溢れるばかりの慰めと永遠の希望を与えてくださるとき、召される方やそのご家族と共に、悲しみの中にも感謝と賛美をささげることができる。それは、天地を造られた神様への、心を込めた礼拝の時になる。

<<前回へ

広田信也

広田信也(ひろた・しんや)

1956年、兵庫県生まれ。1980年、名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。1981年、トヨタ自動車東富士研究所エンジン先行開発部署配属。2011年の定年退職まで、一貫してクリーンディーゼル新技術を先行開発。保有特許件数500件以上。恩賜発明賞、自動車技術会論文賞などを受賞。1985年、キリスト教信仰入信。2016年現在に至るまで教会学校教師。1988~98年、無認可保育所園長。2011年、関西聖書学院入学。2014年、同卒業。ブレス・ユア・ホーム(株)設立。2016年、国内宣教師として按手を受ける。

ブレス・ユア・ホーム

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング