ミサ中の教会で銃乱射、11人死亡 麻薬絡みの抗争原因か ナイジェリア

2017年8月10日23時54分 翻訳者 : 岡本告 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ミサ中の教会で銃乱射、11人死亡 麻薬絡みの抗争原因か ナイジェリア
銃乱射事件があった聖フィリポ・カトリック教会。教会の入り口前には、血の跡が残っている。(写真:アナンブラ州警察)
- 広告 -

ナイジェリア南東部アナンブラ州の町オズブルにある聖フィリポ・カトリック教会で、日曜日の6日早朝、武装した男たちがミサの最中に乱入して銃を乱射し、少なくとも11人が死亡、18人が負傷する事件があった。ムハンマド・ブハリ大統領は、「言語に絶する冒とく行為」と述べ、事件を強く非難。地元メディアの中には、さらに多くの死者が出たと報じているところもある。

アナンブラ州警察は声明(英語)で、「草の根を分けても犯人たちを捜し出す」とする一方、今回の事件はテロではないとする見解を示している。事件は、麻薬に絡む抗争が関係していると見られている。

同州警察は、「(事件は)情報機関の報告や事前の捜査から、ナイジェリア国外のコミュニティーに所属する2人の間の対立によるものであることが明らかになっています」と指摘。「これは明らかに、(イスラム過激派組織の)ボコ・ハラムや(多数の襲撃事件を起こしている)フラニ族の遊牧民たちのようなタイプのテロ攻撃ではありません。(教会を)冒とくする事件ですが、現時点ではまだ犯人たちの身元を公表するには時期尚早であり、捜査が終わり次第、国民に説明します」としている。

同州警察のガルバ・ババ・ウマル警視総監は、ナイジェリアのバンガード紙(英語)に対し、国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)も捜査に加わるだろうと述べた。ウマル氏によると、犯人たちは、事件のあった教会の建設資金を提供した男性を捜しており、男性が見つからなかったため、ミサに参加していた人たちに矛先を向けたという。ウマル氏は次のように話している。

「犯人たちは、男性を見つけることができなかったため、教会に行きました。私たちは、狙われていた男性も犠牲者であることから、公表はしていません。彼は人々のために教会を建てましたが、そこで殺人事件が起こったのです」

「犯人たちは男性を追って、教会に来ました。私たちは今回の殺人事件が、麻薬カルテルと関係しているのではないかと強く疑っています。問題が何であれ、この大惨事をもたらすためにアナンブラ州に来るのではなく、(ナイジェリア国外の)自らの場所で問題を解決すべきでした。事件解明に向け、インターポールと協力するため、すでに動き始めています」

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング