トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

原爆の日でWCC総幹事がコメント、核兵器禁止条約に期待 「新たな決意の原動力」

2017年8月6日21時34分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+原爆の日でWCC総幹事がコメント、核兵器禁止条約に期待 「新たな決意の原動力」
(写真:世界教会協議会=WCC / Paul Jeffrey)
- 広告 -

広島と長崎に原爆が落とされてから72年目を迎える中、7月には国連で核兵器禁止条約が採択され、世界はこの新しい条約に希望を見いだそうとしている。条約文をめぐっては、多くの政府が交渉を重ね、核兵器を全面的に禁止することで合意に至った。

世界教会協議会(WCC)総幹事のオラフ・フィクセ・トヴェイト牧師は、原爆の日を回顧するコメントを発表し、次のように述べた。

「1945年の原爆の被爆生存者にとって、また人道的、倫理的、道徳的な観点から核兵器の根絶を願うすべての人にとって、2017年7月7日に国連で新たな核兵器禁止条約が採択されたことは感謝の証しであり、新たな決意の原動力です」

「国際法におけるこの新たな発展は、1945年8月6日と9日の広島と長崎における大量破壊と、それに続く苦しみや悲しみを繰り返さないという思いを強く反映しています」

トヴェイト氏はまた、原爆の日に際して、WCCはこの新たな条約を歓迎するとともに、被爆生存者や世界の他の地域で行われた核実験の犠牲者と共に立つと続けた。

「何十年にもわたり、核軍縮の公の証人として団結してくださったすべての加盟教会に感謝しています。また、今回の成果に寄与してくださったエキュメニカルパートナーの皆様、一般および国連のパートナーの皆様に感謝しています」

条約は、核兵器廃絶のための公的良心の感化に携わる人々として、宗教指導者たちも引き合いに出している。

「人間性を第一にしている点で、この条約案は72年前に引き起こされた人類の悲劇の日に適した贈り物です」とトヴェイト氏。「この条約は、少数の強国の政府が依然として追求している、核抑止構想や戦争計画とは対照をなしています。日々の報道によってお分かりのように、核兵器によって力と安全を確保しようとする人々は、今日に至るまで全世界を危険にさらしているのです」と語った。

※ この記事は世界教会協議会(WCC)のプレスリリースを日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング