トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

この人に聞く(40)「曖昧ではない徹底した神への信仰を」広島の原爆体験者 上福岡バプテスト教会牧師・荒木寛二さん

2017年8月6日06時20分 記者 : 中橋祐貴 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:原爆
+この人に聞く( )「曖昧ではない徹底した神への信仰を」広島の原爆体験者 上福岡バプテスト教会牧師 荒木寛二さんインタビュー
43年間牧会を続けるベテラン牧師である荒木寛二さんと息子で一級建築士の荒木牧人さん=4月4日、埼玉県川越市で
- 広告 -

日本バプテスト教会連合上福岡バプテスト教会牧師を務める荒木寛二(かんじ)さん(75)は、太平洋戦争の末期、米軍が広島に投下した原子爆弾で被爆した体験を持つ。

当時、3歳だった荒木さんは、原爆が炸裂した爆心地からわずか約1・5キロメートルの距離に家族で住んでいた。爆心地から2キロ以内の家、物、すべてが「壊滅的被害」を受けたと資料に記録されているとおり、荒木さんが住む一戸建ての家も爆風で吹き飛んだ。

両親はホーリネス系の教会に集うクリスチャンだった。原爆が投下された直後、母親のキクさんは、気付くとつぶれた家の屋根の上に座っていたという。命が助かったことにまず感謝の祈りをささげ、すぐに子どもたちを探したところ、幼かった荒木さんはがれきの間から出てきた。その話を何度もキクさんから聞いて育ったという。

3歳なので記憶はないが、今も顔や頭に傷跡が残り、首にはガラス片が入ったままだという。「ちょうどガラス戸の近くにいたので、爆風でガラス片を浴びたのだそうです」。その時、左半身は大けがを負ったが、それでも生き延びることができた。

「今思えば、本当に奇跡ですね。周りで生き延びた人はほとんどいなかったのではないでしょうか」

しかし、間もなく中学1年生だった長男が亡くなった。家族は一時的に親戚を頼って隣の山口県で暮らしたが、すぐに広島市内に戻り、家を開放して教会を始めた。それが現在の単立広島キリスト教会(植竹利侑名誉牧師)となった。そして荒木さんが小5の時、両親の仕事の関係で上京した。

この人に聞く( )「曖昧ではない徹底した神への信仰を」広島の原爆体験者 上福岡バプテスト教会牧師 荒木寛二さんインタビュー
荒木さんが持っている被爆者健康手帳

荒木さんは、牧師室の机の引き出しから1冊の小さな手帳を取り出した。「被爆者健康手帳です」。手帳には、直接被爆者を示す1号表記があり、爆心地から1・5キロメートル圏内と記載されていた。

荒木さんは今、改めて平和についてどう考えているのだろうか。

「被爆者は直接、その恐ろしい光景を見ているので、当然、核兵器には反対をします。最近では核兵器禁止条約に日本政府は署名しませんでしたが、いかなる理由があるにしろ、まずは署名してから明確な意思表示をすればいいのです。他国へ対しても印象がよくないですよ。核兵器は矛盾しています。『抑止力』と言いますが、結局は殺りくですからね。この『抑止力』という言葉も曖昧。幻想のように感じてしまいます」

「クリスチャンにとって平和とは何か」と尋ねると、荒木さんはこう答えた。

「まずは神との平和でしょうね。『みこころの天なるごとく、地にもなさせたまえ』というイエスさまの祈りです。信仰も同じです。日本の地でいまだにクリスチャンが1パーセントに満たないのは、私たちが信仰に徹底していないことも原因かもしれませんね」

普段は穏やかで優しい荒木さんが、大きな声で平和について思いを語る。原爆を体験したからこそ語られる本物のメッセージだ。

記者は、日本に赴任して間もない米国人宣教師と広島平和記念資料館を見学したことがある。彼は、自分が学んだ原爆被害と現実との違いに言葉を失った。「原爆は数百メートルくらい火事になった程度だと思っていた。街が丸ごと消えている。言葉が出ない」

この話を聞いた荒木さんは、次のように静かに述べた。

「米軍が原爆投下後に被爆者の調査を行ったのですが、そのようなデータがきちんと公開されればいいなと思います。10年、20年すれば、原爆を体験した人がいなくなります。語り継がれることは大切ですね」

同席した長男の牧人(まきと)さんは言う。「ふだん父は寡黙なので、このような話はなかなか聞く機会がありませんでした。父の被爆者健康手帳も初めて見ました。今日の取材がなければ、一生見られなかったかもしれませんね」

荒木キクさんが残した原爆体験の手記

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:原爆

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング