刑務所伝道シリーズ(21)浮気を疑って殴った妻が帰らぬ人に

2017年8月5日06時10分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+刑務所伝道シリーズ(21)浮気を疑って殴った妻が帰らぬ人に
刑務所伝道に重荷を負って取り組む罪人の友主イエス・キリスト教会の進藤龍也牧師。教会には、さまざまな過去を抱えた人々が訪れる。
- 広告 -

進藤龍也牧師を中心に、刑務所伝道に重荷を負って取り組む罪人の友主イエス・キリスト教会(埼玉県川口市。以下、罪友教会)。塀の中からの声に耳を傾け、また塀の中に身寄りのいる人々、子どもの非行に悩む保護者たち、薬物を絶つことができない人々の相談が全国各地から寄せられる。

進藤牧師は、自身のブログ、フェイスブック、ツイッターなどはもちろん、毎週の礼拝もユーチューブを通して公開している。現在までに著書は5冊。テレビやラジオなどにも出演し、国内外から注目を集めている。講演会の予定は数カ月先まで埋まっており、行った先々で「刑務所にいるときに先生の著書を読んだ」「ユーチューブでいつも先生の説教を聞いている」と話しかけてくれる参加者の声は少なくない。

数カ月前に、大阪の集会で講演を行った際にも1人の男性との出会いがあった。鈴木豊さん(仮名)。40代後半の男性だった。彼は山陰地方の自宅でいつも進藤牧師の説教をユーチューブで見ていた。

鈴木さんは、生まれも育ちも山陰地方。幼いころから元気のいい子どもだったが、特に目立つこともなく、友だちとも仲良く遊ぶごく普通の子どもだった。中学生、高校生時代は、勉強はあまり得意ではなかったが、仲間といるのはとにかく楽しかった。思春期には、はやりの漫画の影響から、「女の子にモテたい」と思うように。そんな単純な理由から、暴走族にも一時入っていた。

高校を卒業し、しばらく暴力団の組員になっていたこともあったが、2年ほどで辞めた。この間、薬物を売ることも自分で打つこともなかったという。「体に悪そうなことはしたくなかった。健康的なヤクザですね」と笑う。少々道は逸(そ)れたものの、大きな問題を起こしたり、警察に捕まったりするようなことはなかった。

やがて20代前半で結婚。3人の子宝にも恵まれた。内装業者として独立し、従業員も十数人抱えた。バブル期は景気がよかったものの、仕事は徐々に減っていった。それでも、「子ども3人と愛する妻がいる家庭は幸せだった」と話す。

次男が小学校時代にいじめの被害を受けたとき、「強い男になってほしい」と、共に武道を覚えた。そこで鈴木さんはめきめきと頭角を現し、やがて師範に。地域の子どもたちをいじめの被害から守ろうと、道場の手伝いもするようになった。「人をいじめたら絶対にいけない」と教えていた子どもたちからも慕われ、地域の人々からも信頼される存在になっていた。幸せな家庭を築き、男気のある鈴木さんは、人を助けることも率先してやり、人望もあった。

転機は今から数年前。妻の浮気を疑った鈴木さんは、酒の勢いで妻を殴打。見るからに筋肉隆々で頑強な鈴木さんは、体そのものが凶器と化した。妻に手をあげたのはこれが初めてだったが、すぐに我に返って病院に連れていき、2つの病院で受けた診断結果は「打撲」。脳波にもレントゲンにも異常はなかった。

帰宅した妻とは和解をして、近々、旅行に行く約束もしていた。しかし、数日後、突然倒れた妻は容体が急変し、その数週間後、帰らぬ人となった。

突然、3人の子どもを残して逝ってしまった妻。当然悲しみは深いが、悲しんでいる暇もなく、鈴木さんの身柄は拘置所に。「傷害致死」の容疑で逮捕されたのだった。

その後2年間、警察や弁護士による調査が行われたが、今年に入って裁判が始まった。妻を失った悲しみ、多くのものを失った喪失感から、それまで信じていた仏を拝むことはもうなくなっていた。

「真実はどこにあるのだろう」。そう思っていた時に巡り合ったのがキリスト教だった。ユーチューブなどを通して、アーサー・ホーランド牧師や進藤牧師の説教を聞いた。進藤牧師の説教は、気が付くと朝から晩まで1日中見ていることもあった。「この人なら、俺の気持ちを分かってくれるのではないか」。そう思い始めていた。

第1審の判決は懲役5年。裁判で争う気持ちはもうなかった。亡くなった妻は戻ってこない。家族はバラバラになってしまった。ただ、収監される前に洗礼を受けたい・・・。その一心で上告した。

それまでユーチューブで見ていた進藤牧師に勇気を出して電話をかけ、初めて話をすることができた。巡回伝道で大阪に来ていた進藤牧師と初めて対面。そして収監前、洗礼に導かれた。4月末には罪友教会を訪れ、皆と交流も持った。鈴木さんは最後のあいさつでこう話した。

「僕にはもう何も残っていない。人を信じることさえできなかったが、イエス様が僕を救ってくださった。これは紛れもない事実。亡くなった妻には申し訳ない気持ちでいっぱい。突然、母親を奪われた子どもたちにもわびる言葉もない。何も残っていないけれど、イエス様だけが僕のそばにいてくれる。これだけで十分。5年間、頑張ってきます。刑務所の中ではゆっくり聖書も読みたいと思っています」

現在、鈴木さんは、中国・山陰地方の刑務所で服役中だ。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング