トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

栃木県:故大津健一・アジア学院理事長のお別れ会 9月18日

2017年8月4日15時39分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:アジア学院
+アジア学院の大津健一理事長死去、CCA幹事、NCC総幹事など歴任
アジア学院の大津健一理事長(写真:同学院提供)
- 広告 -

アジア学院(栃木県那須塩原市)は、6月に死去した故大津健一理事長のお別れ会を、9月18日(月・祝)に同学院内で開催する。

大津氏は6月22日午後4時3分、那須赤十字病院で急性白血病のため、73歳で亡くなった。「私の好きだった花、コスモスの咲く頃に、アジア学院内で別れの会を行ってほしい」と言い残していたという。

お別れ会は、9月18日(月・祝)午後1時半〜3時に同学院内のコイノニア食堂棟で行われる。東北新幹線那須塩原駅(西口)からの送迎バスも用意されており、参加希望者は同学院(電話:0287・36・3111、info@ari-edu.org、担当:佐久間郁務局長)まで。

<大津健一(おおつ・けんいち)氏略歴>
1943年生まれ。同志社大大学院、太平洋神学校(米国)修了。日本基督教団倉敷教会伝道師、アジアキリスト教協議会(CCA)幹事、日本キリスト教協議会(NCC)総幹事、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会広報委員長、日本クリスチャンアカデミー関東活動センター所長など歴任。2009年、アジア学院アジア農村指導者養成専門学校校長に就任し、12年から同学院理事長。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:アジア学院

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング