イランで牧師ら3人に10年以上の禁錮刑、教会活動を理由に

2017年7月26日09時46分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+イラン
イランの国旗(写真:Blondinrikard Froberg)
- 広告 -

イランで牧師を含むキリスト教徒3人が、教会関連の活動を理由に10年以上の禁錮刑を宣告された。3人は冒とく罪や「国家安全保障に反する活動」を行ったとして罪に問われている。

イランのキリスト教界は、政府による度重なる投獄の脅威に苦しみ続けており、世界のキリスト教共同体に祈りを求めている。イスラム教国であるイランでは、ペルシャ語を話す教会は違法と見なされるため、その多くが地下教会とならざるを得ないという。

中欧発のキリスト教ニュースメディア「ボス・ニュース・ライフ」(英語)が今月初めに伝えたところによると、キリスト教徒の男性3人が「違法」なキリスト教活動の罪で10年以上の禁錮刑を宣告された。

禁錮刑を宣告されたのは、ビクトール・ベット・タムラズ牧師、アミン・アフシャール・ナデリさん、ハディ・アスガリさんの3人。タムラズ牧師とアスガリさんは禁錮10年、ナデリさんは禁錮15年の判決が言い渡された。3人の保釈金はそれぞれ2億トマン(約670万円)に引き上げたと伝えられている。

タムラズ牧師は、「伝道の実施」や聖書の印刷と配布、「違法な家の教会活動」などを行ったことで罪に問われ、息子や妻も、キリスト教活動を理由に裁判所の審問を受けることになっている。

ナデリさんは、イランで頻繁に使われる「国家安全保障に反する活動」を行ったとして罪に問われた。また、ナデリさんはキリスト教に改宗した元イスラム教徒であるため、冒とく罪にも問われている。アスガリさんもイスラム教からの改宗者で、「家の教会の創設と組織化」を行ったことで訴えられている。

英国に拠点を置く「世界キリスト教連帯」(CSW)によると、他にもイラン人キリスト教徒4人が、6月にそれぞれ10年の禁錮刑を宣告されたという情報があるという。

イランのキリスト教徒たちは、勾留中の人たちのために祈り、「イランにおけるキリスト教徒に対する迫害に責任のある者たちが、憐(あわ)れみを愛し、公正に行動し、イエスについて知り、彼に従うことを選択するよう」求めている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング