トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

主は生きておられる(9)目の手術を終えて 平林けい子

2017年7月7日08時21分 コラムニスト : 平林けい子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:平林けい子

目の手術を終えて

イエス様 見えるのです

ぼんやりしていたものが はっきりと
かすんでいたものが くっきりと

わたしを抱いてくださる
イエス様の御手

わたしを支えてくださる
みことばの
ひとつひとつの光が

まぶしいくらい

<<前回へ     次回へ>>

平林けい子

平林けい子(ひらばやし・けいこ)

1934年京都に生まれ、京都府に在住。同志社大学文学部英文科卒業。1男2女の母。長女が小学校入学を機会に好きな英語をもう一度学びたいと思ったとき、奇しくも今の教会の英会話クラスのちらしを見る。聖書を開き、ヒューマニストだと思っていた自分が仮面をかぶった罪人だと分かった。罪を悔い改めて受洗。しかし、真の神に出会ったのはそのあとの試練の真っただ中だった。主の奇跡を次から次にいただき今に至る。30年間家で中高生向けの英語塾を、13年間町の公民館で中高年の人たちに中級英会話クラスを担当。教会の英会話クラススタッフは38年になる。趣味は、読書。福音書を読む以外は詩、エッセイを読んだり書いたりすること。海外旅行、動物が大好き。京都府・長岡福音自由教会員。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:平林けい子

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング