九州北部で記録的豪雨、九州キリスト災害支援センターが初動体制に 祈りの課題と現地情報提供を呼び掛け

2017年7月6日12時56分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+九州北部で記録的豪雨、九州キリスト災害支援センターが初動体制に 祈りの課題と現地情報提供を呼び掛け
死者も出ている福岡県朝倉市杷木(はき)地区の様子=6日(写真:現地の市民提供)
- 広告 -

九州では記録的な豪雨となり、各地で甚大な被害をもたらしている。福岡県と大分県では、1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降った地域もあった。河川の氾濫、土砂崩れなどの被害が相次ぎ、一部地域では孤立している集落もあるとの情報がある。行方・安否不明情報は6日午前10時現在、福岡県11人、大分県11人の計22人。福岡県朝倉市杷木(はき)地区では1人の遺体が見つかった。気象庁によると、7日午前6時までの24時間雨量は、多いところで福岡県、佐賀県、大分県が250ミリ、長崎県、熊本県が200ミリの見通しだ。

2016年4月に起きた熊本大震災の支援を機に立ち上げられた「九州キリスト災害支援センター」(九キ災)では、迅速に情報収集をするとともに、地域の災害支援団体と連携を図って、昨晩から初動体制を整えている。

昨夕、協力団体の「災害NGO 結(ゆい)」の代表が被害の大きい福岡県朝倉市に入り、状況を調査した。同市では、県が設置した雨量計で5日午後9時までの9時間に700ミリを超える雨量を観測した。代表は現地の協力団体とも連絡を図りながら、深夜、九キ災に立ち寄って、いったん帰宅したという。

6日早朝から、九キ災熊本支部のある熊本県益城町の関連団体を中心に、支援物資、水などの収集にあたり、荷造り作業に追われている。午前11時には荷物の準備が整い、1便、2便ともにトラックが福岡県に向けて出発した。熊本支部から朝倉市までは、通常の道のりで2時間程度。しかし、すでに道が冠水している場所もあることから、時間の予測は不能だという。

また、6日付で熊本支部とともに福岡県の久留米ベテル教会にもベースを構え、「九州北部豪雨災害支援久留米ベース」として活動を始めた。

九州北部で記録的豪雨、九州キリスト災害支援センターが初動体制に 祈りの課題と現地情報提供を呼び掛け
洪水で流された樹木で壊れた民家=6日、福岡県朝倉市で(写真:現地の市民提供)

一方、益城町にも豪雨の危険性が及んでいる。現在もなお大雨・洪水警報が発令されるなど、予断を許さない状況。同センターのスタッフ山中弓子さんは今朝のセンターの様子をこう話す。

「昨年の地震の被害がまだまだ残っている状況。河川の氾濫、また地震で地盤のゆるんでいる地域の土砂崩れなども考えられる。こちらの被害も最小限に食い止め、万一の備えをしなければならない。あわせて、すでに被災している地域への支援も並行して行っている。フル稼働している状況です」

祈りのリクエストとして、次の4つが挙げられた。

  1. 被害にあわれた方々のために
  2. すでに救助、支援に動いている行政の方々のために
  3. 九キ災のスタッフの安全のために
  4. 現在も警報が発令されている地域の安全のために

また、九キ災の中村陽志ディレクターから6日夜、連絡が入った。

「今日は2チームを派遣し、情報収集を行いました。明日は久留米の牧師、私と九キ災スタッフとともに明朝に現地入りを考えています。今現在、物資の受入れと搬入が中心になります。ボランティアの受け入れと派遣は今後検討しているところです」

九キ災では逐次、情報を発信している。祈りのリクエストとともに、現地からの情報も受け付けている。詳しくはフェイスブックを。

わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。(エレミヤ29:11)

■ 豪雨で水が溢れる河川=5日、福岡県朝倉市で(現地の市民提供)

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング