トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

フェイスブックで預言者ムハンマドを冒とく、パキスタンで死刑判決

2017年6月20日13時51分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+覆面集団がフェイスブック事務所を襲撃、「よくないね」の落書き ドイツ北部
(写真:PROWest McGowan)
- 広告 -

【CJC】パキスタン東部パンジャブ州バハーワルプルの反テロリズム法廷が、預言者ムハンマドを冒とくするコメントをネット上のソーシャルメディア「フェイスブック」に投稿したタイムール・ラザ被告(30)に死刑を言い渡した。シャフィク・クレシ検察官が11日、明らかにした。

ラザ被告は、パキスタンで初めてソーシャルメディアに関連する罪で死刑の判決を受けた人物だと、クレシ検察官はロイター通信に語った。

ラザ被告は携帯電話で冒とく的な内容を発していたことから、テロ対策当局者によってバス停で逮捕されたと報じられている。端末を没収したところ、問題の投稿が発見されたという。

パンジャブ州の州都ラホールの南方500キロにあるバハワルプールの刑務所内で、法廷は厳重な警備の下で開かれた。

イスラム教国と目されるパキスタンで預言者ムハンマドに対する侮辱は、ナワーズ・シャリーフ政権では見逃されず、死刑をもって対応することが多い。

ラザ被告は、イスラム教でもパキスタンでは少数派のシーア派。多数派のスンニ派内の復興運動「ディオバンディ」を対象にヘイトスピーチを行っていた。パキスタンでは、シーア派とスンニ派の対立抗争が再三激化している。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング