持ち続けるべき癒やしの恵み 万代栄嗣

2017年6月19日14時46分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:万代栄嗣

「ですから、私たちは聞いたことを、ますますしっかり心に留めて、押し流されないようにしなければなりません。もし、・・・すべての違反と不従順が当然の処罰を受けたとすれば、私たちがこんなにすばらしい救いをないがしろにした場合、どうしてのがれることができましょう。この救いは最初主によって語られ、それを聞いた人たちが、確かなものとしてこれを私たちに示し、そのうえ神も、しるしと不思議とさまざまの力あるわざにより、また、みこころに従って聖霊が分け与えてくださる賜物によってあかしされました」(ヘブル人への手紙2章1~4節)

梅雨に入り、優しい色のアジサイが、梅雨の雨によく似合います。イエス・キリストは昨日も今日もいつまでも同じです(ヘブル13:8)の御言葉通り、今も生きて働きたもう、真の救い主、主ご自身の恵みに触れることができますから感謝です。どんなに変わりやすい世の中であっても、変わらない主の恵み、特に3つのことを確認し、恵まれてまいりましょう。

1. 素晴らしい救いが与えられている

3節に、こんなに素晴らしい救いをないがしろにしては、もう逃れられないとあります。イエスは真の救い主ですから、古い物と新しい物、死んだ者と命を与えられている者とに分けられます。

人間の歴史も、イエス以前(B.C.)と以降(A.D.)に分けられ、神の啓示、恵みの現れ方が根本的に違います。また、あなたの人生も、イエスを信じる前と後では、どれほど変えられたか。病気の時、仕事で不安を感じたり、人間関係で心がざわつくとき、今ではその瞬間に祈り、イエスの助けを求めています。

イエスを信じて歩んでいくと、人を嫌い、不平不満、愚痴をこぼしていた私たちが罪清められ、感謝ですね!ハレルヤですね!と喜び、賛美をし、主をほめたたえる者と変えられていることを感謝しましょう。これほどの素晴らしい恵みが、救いが与えられています。これを忘れず、さらに新鮮な恵みを頂いてまいりましょう。

2. 増し加えられる主の恵み

4節にあるように、主は今も生きて共に働き、御業をもって証ししておられるので、恵みは流れ続け、増し加えられます。そして、神の恵みと祝福は無限大です。

イエスを裏切ったペテロや、クリスチャンを迫害したパウロでさえも、イエスの十字架によって、赦(ゆる)し清められ、その上、聖霊が下ると、彼らがイエスの御名によって祈るとき、人々は聖霊に満たされ、病の癒やしやさまざまの奇跡、祝福の御業が起こりました。

「病気の人がいますか。その人は教会の長老たちを招き、・・・祈ってもらいなさい。信仰による祈りは、病む人を回復させます」(ヤコブ5:14、15)と聖書は約束しています。信じる私たちが集う教会の中に働く癒やしの力があり、しるし、不思議、力ある業が現されます。主の御名には力がありますから、今も変わらぬ、恵みの御業を体験しましょう。

3. 受け継がれている神の恵み

福音は、イエスから弟子たちへ、弟子たちから初代教会へ、そして私たちへと伝えられました。単なる言葉としてではなく、教会の中に働く聖霊の力によって、教会に集う皆に受け継がれました。

2千年たった今も、神の御前には、同じ新約の教会の時代ですから、主の愛も聖霊の力も、ちゃんと届き、証しされています。聖霊の働きを聞くとき、あなたの側からつながりを断たないでください。神はあなたに恵みを届けようとしておられますから、その流れを切らないことが大切です。

世の中は難問だらけ、悩みは尽きませんが、私たちは罪の流れには押し流されません。なぜなら、主イエスの土台の上に立っているからです。こんなに素晴らしいキリストの救いを与えられ、恵みが増し加えられ続けていることを感謝しようではありませんか。さあ、もっともっと主の証し人として、元気に歩ませてくださいとご一緒に祈りましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング