聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(29)巡礼の拠点〜首都カリエについて 中西裕人

2017年6月10日21時38分 コラムニスト : 中西裕人 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

カリエの朝は早い。ラヴラ修道院から6時のバスに乗り、7時すぎにはカリエに着く。街の一番外れ、クトゥルムシウー修道院へ行く道の途中、坂の中ほど、石畳の小径、パンの香りに誘われるのである。早朝よりこのパン屋は営業しており、数種類のパンが焼かれ置かれている。ケリに住む修道士や腹を空かせた巡礼者たちで、行列ができるほどである。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(29)巡礼の拠点〜首都カリエについて 中西裕人

街の方へ少し戻ると、薄暗い建物、居るのか居ないのか分からないカーテンがすべてかかった扉に「HOSPITAL」と書かれてある。2016年9月に4度目のアトスへ訪れた。その時、滞在初日から腰痛に悩まされていた。痛みは日を追うごとに増し、起き上がるのもやっと。リュックサックなど到底背負えないほどであった。

カリエにいた私は、思い切ってその扉を開けた。すると、筋肉隆々のTシャツ1枚のひげを生やした男が、驚くほど丁寧に対応してくれたのだ。腰をひねったり押したり触診し、血液検査も実施してくれた。このアトスでこんな設備が整っているのかと驚きであったが、数分で検査結果も出て、内臓的には問題ないことが判明し、お尻に大きな注射、すなわち痛み止めを刺されたのだ。

手際は大変良く、私の腰痛も徐々に引くのが分かり、私は彼をその後名医と呼んでいた。その後の取材も無事に敢行でき、アトスでも医療はそれなりに整っているということが、身をもって実感できた。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(29)巡礼の拠点〜首都カリエについて 中西裕人

街の中心部には薬局も1軒あり、こちらで痛み止めの薬を買った。こちらの店員も優しく、親身になって痛いのか、かゆいのかなどをちゃんと質問し、飲み方なども丁寧に教えてくれた(1錠はかなり大きい)。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(29)巡礼の拠点〜首都カリエについて 中西裕人

薬屋の両隣には、商店が並ぶ。ここでは、野菜、魚、何でもそろう。驚きなのが、肉やビール、酒、チーズにハム、ベーコンまで何でもそろうのである。日用品もトイレットペーパーや下着、靴にバッグ、忘れ物をしても何でも購入できる。地図にポテトチップス、チョコレートにアイスなんかも置いてあるのに驚きである。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(29)巡礼の拠点〜首都カリエについて 中西裕人

その前には、レストラン、ミニバスの事務所、土産屋が並ぶ。レストランは修道院で食事が出ない日や、早朝からバスを待つ間に使うと便利である。コーヒーやワイン、スパナコピタという、ほうれん草を挟んだパイ、グリークサラダ、タラモサラダ、ひよこ豆のスープが日によって準備されている。スパゲッティミートソース、魚介のピラフ、コトプロという鶏肉料理も準備されていることもある。

ここでは、巡礼者たちも多く集まり、巡礼に疲れた体を癒やす場、また情報交換の場ともなる。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(29)巡礼の拠点〜首都カリエについて 中西裕人
コトプロ(鶏肉料理)
聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(29)巡礼の拠点〜首都カリエについて 中西裕人
魚介のピラフ

どこからともなく猫も集まり、おこぼれをもらいに来るのである。このようなレストランはもう1軒あり、そちらはWi-Fiも完備してあり、その時によって使い分けている。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(29)巡礼の拠点〜首都カリエについて 中西裕人

土産屋は合計3店舗あり、それぞれイコンやろうそくなど、聖堂などで扱うもの、十字架のペンダント、本や置物など、アトスならではのお土産が並ぶ。

政庁もあり、大臣が常駐し、延泊希望などの際は申請が必要となるため、謁見して直接許可を頂くことになる。その他、郵便局、銀行、警察署もある。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(29)巡礼の拠点〜首都カリエについて 中西裕人
政庁

このアトスへ来て、かなりの不自由を強いられることを予想していたが、この首都カリエがあるおかげで、すべての巡礼者たちにとっても生活用品や食事、何でもそろうため、巡礼を安心して送ることができるのである。また、ケリに住む修道士たちも多く利用し、日々の生活に役立っている。運営はほぼ労働者が手助けしており、そのような人々にとっても不自由のない街となっているのも確かである。

特に、午前8時ごろから12時すぎごろまでは、修道士や巡礼者たちで賑わう。今日アトスへ来た者、今日帰る者、各修道院へ行く者、それぞれが必ず立ち寄る場であり、拠点となる場である。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(29)巡礼の拠点〜首都カリエについて 中西裕人

このカリエがあることにより、アトス巡礼が何不自由なく安心してできるということも、この聖地アトスの特徴の1つといえる。

次回予告(6月24日配信予定)

7月1日より開催します中西裕人写真展「AGION OROS ATHOS」の展示内容、情報などをお伝えします。

<<前回へ     次回へ>>

中西裕人

中西裕人(なかにし・ひろひと)

写真家。1979年生まれ。東京都杉並区出身。日本大学文理学部史学科卒。外苑スタジオ勤務後、雑誌「いきいき」(現「ハルメク」)専属フォトグラファーを経て独立、雑誌、広告、webを中心に活動中。2014年に洗礼を受ける。父は日本ハリストス正教会司祭であり、年に数回共にアトスを訪れ修道士の生活などに密着した取材を続けている。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング