トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

ツイッターは現代の路傍伝道、フォロワー数3万超の上馬キリスト教会 横坂剛比古さん

2017年6月11日06時36分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ツイッターは現代の路傍伝道 フォロワー数3万超の上馬キリスト教会 横坂剛比古さん
カレンダーを手にした横坂剛比古さん
- 広告 -

上馬キリスト教会(東京都世田谷区、渡辺俊彦牧師)のツイッターアカウントには、教会としては異例の3万人を超えるフォロワー(コメントを読んでいる人)がいる。2015年に開設し、昨年、大幅にフォロワー数を伸ばした。そのきっかけは、「#違法ではないが一部不適切」というウェブ上の「大喜利」の中で、イエス様の肖像画とともに「イエス、高須クリニック」とツイートすると、それを高須克弥院長が見て自身のフォロワーに紹介してくれたことだった。

発信者は、同教会信徒である「中の人」こと、まじめ担当の30代、横坂剛比古(よこさか・たけひこ)さんと、ふざけ担当の20代、渡辺さん。横坂さんは現在、音楽関係と行政書士の仕事をしながらツイッターの更新をしている。そんな横坂さんに話を聞いた。

――ツイッター、すごいことになっていますね。

ありがとうございます。最初はこんなつもりじゃなかったんですよ。礼拝説教のブログ掲載のお知らせや、「教会の庭にアジサイが咲きました」のような平和なつぶやきを普通に上げていました。

――横坂さんはいつからこの教会に?

今から15年くらい前、大学生の時です。だけど、教会に来る前から、大学で宗教哲学を学んでいたので、キリスト教や仏教、イスラム教、それからニューエイジについても勉強していたのですが、聖書こそ真理だと気付き、自分なりにクリスチャンだと思っていたんです。そんな時、友人が「カルト」のような宗教にハマって、助けに行ったら、あちらは僕を仲間に引き込もうとするわけですよ。「僕はクリスチャンだから」と必死に抵抗したんですが、考えてみたら、自分で勝手にクリスチャンを名乗っているだけで、教会にも行ってないのにと思い、たまたま家の近くにあった上馬キリスト教会に行ってみたのです。

――すぐに信仰を?

そうですね。聖書はもうすでに読んでいたし、自分で学んだ上で「これしかない」と思ってきたので、教会に来てからは葛藤はありませんでした。洗礼準備会を経て洗礼を受けました。それが2003年のイースターで、3カ月後、米国留学したのですが、その間も日本語礼拝に通いました。

――帰国後、上馬キリスト教会に戻られたのですね。

はい。家から近いし、居心地もいいし。

ツイッターは現代の路傍伝道 フォロワー数3万超の上馬キリスト教会 横坂剛比古さん
ツイッターのトップページ。月間平均して300ツイートしている。

――ツイッターはいつから?

2015年2月くらいから、ゆるく始めた感じですね。

――フォロワーの年齢層は?

2、30代が多いと思います。高校生もいます。何かでちょっとだけ教会と関わりを持った人、例えばミッションスクール出身とか、昔、教会学校に行ったことがあるとか、そういう人が多いように思います。

――キリスト教に違和感がなく、興味のある人たちですね。

それから、仏教に興味のある人は、実はキリスト教にも興味があるみたいです。日本限定の風潮ですが。何でもいいから「ありがたいもの」がほしいんでしょうね。実は僕はよく、現役の僧侶がやっている「坊主バー」に行くんですが、そこでお坊さんのお説法を聞いていて、「そのへん、聖書にはどう書いてあるの」とか、よく聞かれますよ。

――面白いですね。

「聖☆おにいさん」というマンガで、だいぶ日本人の宗教に対するハードルは下がったと思うんですよ。そこにのっからない手はないじゃないですか。今、日本って宗教が追いやられている状態だけど、「ありがたいもの」は好きで、八百万(やおよろず)の神がいると信じる人もいるように、興味がある人は一定数いるんです。そういう人を引き込むことがまずは重要なのかなと。それはそれで日本人の宗教観なので、まずは教会がそこに理解を示さないと、「やっぱりキリスト教は排他的な宗教だ」と一蹴されてしまうと思いますよ。「ユダヤ人に対しては、ユダヤ人のようになりました。ユダヤ人を得るためです」ですよね(1コリント9:20)。

――それはツイートする時にも大事にしている?

他の宗教宗派はイジらない、尊重するということですね。

――1日何回くらいツイートするのですか。

だいたい10回で、月300回くらい。書きためておいて、いいタイミングで相方(渡辺さん)が出してくれるんです。そこに「ふざけ担当」の彼のセンスが加わってつぶやいていく感じですね。

――なぜあんなふうに面白いことが思い浮かぶのですか。

楽しいからかな。でも、これはネタにしたらいけないとか、これはウケるだろうな、ここまで行ったらやりすぎだなというのは、やりながら覚えていきました。今でも相方と、「それはやりすぎだろう」「そんなのつまらない」などと、しょっちゅうSNSで言い合いながら作っています。

――そこから伝道のチャンスが生まれることは?

「教会からずっと離れていたけど、上馬さんのおかげで、何年かぶりに戻ることができました」とか聞くとうれしいですね。実際、ここの教会も来会者が増えましたよ。現在、求道中の方の中にもツイッターがきっかけの人もいます。

――それはうれしいですね。

もちろん。でも、神様が連れてきてくださった方々ですから、何がきっかけだろうが大歓迎ですよ。何も上馬じゃなくていいんです。全国、どこかの教会につながってくれて、聖書を楽しんで読んでもらえればいいと思います。

――フォロワーから面白い質問もありますか。

「クリスチャンってお焼香してもいいんですか」とか「肉食べないんですか」とか。それから「受験だから祈ってください」とかね。

――悩み相談もあるんですね。

はい。しかし、そこでいきなり「じゃあ、教会行こうよ」と言ったところで、「この人、重たい人だな」と思われるだけ。それより、「クリスチャンって楽しい人たちだな。魅力的だな」と思ってもらえるのが一番だと思うんですよ。そうすれば、「この人を楽しくさせているものは何だろう。そうか、教会か」ってなるじゃないですか。

――ツイッターもそれが狙い?

自分たちも楽しむことが最高の証しだと思うんです。みんな、悪いニュースを聞く時は眉(まゆ)をひそめるじゃないですか。でも、いいニュース、楽しいニュースって自然と顔がほころぶし、笑顔になる。福音は「良いニュース」ということでしょう。だから、楽しく伝えるのが一番だと思います。

――一般の教会がキリスト教の楽しさを伝えるには?

例えば、教会の愛餐会の食事はいろいろ特色があるじゃないですか。そのレシピと写真を載せると、クリスチャンでない人も興味を持つんじゃないですかね。

――何か脅迫めいたコメントやメールは来ないですか。

たまに来ますよ。教会の代表メールに来ると、僕より先に渡辺先生が対応してくださっています。中には心の病を抱えている方もいますが、そのへんは渡辺先生は専門(ライフ・プランニング・センター認定の牧会カウンセラー)なので安心しています。

――今回、つぶやきが日めくりカレンダー「日々笑神」になってキリスト新聞社から発売されました。

うれしいですね。以前、よく相方と「フォロワー数が1万超えたら何か起こるのかな」と話していたんですが、まさかカレンダーになるとは。次に神様が私たちをどう動かし、何をしてくださるかは分かりませんが、期待しています。

最後に、渡辺牧師にもツイッターの反響について尋ねた。

「私たちの世代の理解を超えていますが、彼らは今までの宣教の仕方に風穴を開けました。これこそ現代の路傍伝道だと思いますよ。実際、道端に立っていなくても、彼らの言葉が世界中に飛んでいっているのですから。そこで神学と伝統を踏まえて、メリットとデメリットをどう生かすかが鍵ですね。彼らを信頼しているので、大きく逸(そ)れることはないと思っています。実際、教会に足を運ぶ人が増えたことは、牧師として無条件にうれしい。何より福音を伝えることがあのツイッターの目的ですよね」

上馬キリスト教会のツイッターアカウント

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング