トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

日本福音同盟の新理事長に廣瀬薫氏、日本同盟基督教団と東京キリスト教学園の理事長も兼任

2017年6月9日17時02分 記者 : 雜賀信行 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+日本福音同盟の新理事長に廣瀬薫氏、日本同盟基督教団と東京キリスト教学園の理事長も兼任
日本福音同盟の理事長に就任した廣瀬薫氏(写真:東京基督教大学提供)
- 広告 -

プロテスタント「福音派」を代表する機関「日本福音同盟」(JEA、東京都千代田区)は5~7日にかけて、ホテルコンコルド浜松(静岡県浜松市)で2017年度・第32回総会を開催した。そこで、14年から理事長を務めた中台孝雄氏に代わり、廣瀬薫(ひろせ・かおる)氏が新理事長に選ばれた。任期は3年。

廣瀬氏は1956年、新潟生まれ。東京大学工学部に在学中、日本同盟基督教団国立キリスト教会で洗礼を受け、卒業後、建設会社に勤めたのち、献身して東京基督神学校に学び、上大岡聖書教会、多磨教会牧師を経て、現在、東京キリスト教学園と日本同盟基督教団の理事長を務める。今回、JEAの理事長にも選出され、福音派の代表的な3団体の理事長を兼任することになった。

JEAは1968年、日本福音連盟(戦後、日本基督教団を離脱したきよめ派の教団が加盟。「聖歌」を発行)と日本プロテスタント聖書信仰同盟(「新改訳」発行の母体となった)、日本福音主義宣教師団の3団体が創立会員となって発足し、互いに協力しながら日本宣教や社会問題に取り組んできた。86年、それぞれ成長した福音派の諸教団や教会を会員とし、伝道団体などを協力会員とする組織に再編され、その初代理事長として泉田昭氏(日本バプテスト教会連合練馬バプテスト教会牧師)が選ばれた。

近年の東日本大震災や熊本地震などでの災害対応や復興支援の取り組み、また数年に1度開かれる日本伝道会議を開催する他、宣教委員会、援助協力委員会、神学委員会、社会委員会、女性委員会、青年委員会といった専門委員会を設けて、さまざまな問題や課題に対応している。

今回、廣瀬氏の他に選ばれた11人の担当は次のとおり。

  • 副理事長 米内宏明氏(日本バプテスト教会連合国分寺バプテスト教会)、石田敏則氏(シオン・キリスト教団蒲田教会)
  • 書記 山崎忍氏(ウェスレアン・ホーリネス教団浅草橋教会)、内山勝氏(イムマヌエル綜合伝道団名古屋教会)
  • 会計 寺田文雄氏(日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団南紀リバーサイドチャーチ)、星出卓也氏(日本長老教会西武柳沢キリスト教会)
  • 宣教委員会 中西雅裕氏(日本ホーリネス教団横浜教会)
  • 神学委員会 油井義昭氏(日本福音キリスト教会連合長津田みなみキリスト教会)
  • 社会委員会 星出卓也氏(会計と兼任)
  • 援助協力委員会 船田献一氏(日本イエス・キリスト教団京都聖徒教会)
  • 女性委員会 大嶋博道氏(日本フリーメソジスト教団神戸ひよどり台教会)
  • 青年委員会 船橋誠氏(日本メノナイトブレザレン教団石橋キリスト教会)
  • 第7回日本伝道会議担当 石田敏則氏(副理事長と兼任)
  • 災害対策室 船田献一氏(援助協委員会と兼任)
  • 日本宣教インフラ作りプロジェクト担当 米内宏明氏(副理事長と兼任)
  • ローザンヌ 教会の誠実を求めてのプロジェクト担当 米内宏明氏(同)

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング