桜美林大 2019年4月、新宿百人町に新キャンパスを開設 起工式で聖書定礎

2017年5月26日06時54分 記者 : 坂本直子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:桜美林大学
+桜美林大 2019年4月 新宿百人町に新キャンパス開設 竣工式で聖書定礎
2019年4月に新宿百人町に開設される桜美林大学の新キャンパス。(写真:桜美林大学提供)
- 広告 -

桜美林大学(東京都町田市)は2019年4月、新宿百人町に新キャンパスを開設する。この4月27日には起工式が、桜美林学園・桜美林大学および戸田建設、リシャール・ブリア・アソシエイツ一級建築事務所の関係者が出席して執り行われた。

同大初の大型都心施設となる新キャンパスには、ビジネスマネジメント学群(フライト・オペレーションコースは除く)と大学院(経営学研究科、大学アドミニストレーション研究科、老年学研究科)が移転する。

起工式は、土橋敏良チャプレンの司式によりキリスト教礼拝形式で進行した。そして、日本の伝統にのっとった「起工の儀」として、佐藤東洋士桜美林学園理事長が「鍬入れ」、今井雅則戸田建設社長が「鋤入れ」を行った。続いて、桜美林学園の中心にあるべき最も大切なものとして聖書を地中に収める「聖書定礎」が滞りなく行われ、関係者全員が心を合わせて工事の安全を祈った。

新キャンパスは、鉄筋5階建てで、延床面積は約16万5千平方メートル。2~4階には教室、ゼミ室、研究室が入り、ラーニングコモンズや多目的ホールも設置される。1階には、学生が主体となって運営する食堂やカフェ、業界に特化した実習を可能にする専門設備が置かれる。さらに、国内の大学初となる本格的な電子図書館が設置されることになっており、各方面から注目を集めている。

桜美林大 2019年4月 新宿百人町に新キャンパス開設 竣工式で聖書定礎
起工式で聖書を地中に収める土橋敏良チャプレン。(写真:桜美林大学提供)

ビジネスマネジメント学群の新キャンパスにおける教育ビジョンは、「国際性」に優れ、「奉仕の精神」と「おもてなしの心」、「コミュニケーション能力」と「情報リテラシー」を兼ね備え、ビジネス実務において優れた「マネジメント能力」を有し、社会の問題を他人事として放置しない「高度なビジネスパーソン」を育成すること。企業の第一線で活躍する講師による講義や、長期インターンシップなど、企業と連携した実践的な教育を強化すると同時に、大学院経営学研究科との連携も強化していく。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:桜美林大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング