トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

チョー・ヨンギ牧師、背任罪で懲役2年6月、執行猶予4年確定 最高裁が上告棄却

2017年5月19日12時33分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+チョー・ヨンギ牧師、背任罪で懲役2年6月、執行猶予4年確定 最高裁が上告棄却
汝矣島(ヨイド)純福音教会の趙鏞基(チョー・ヨンギ)元老牧師(写真:韓国クリスチャントゥデイ)
- 広告 -

韓国の最高裁第3部(主審:パク・ポヨン最高裁判事)は17日、背任などの容疑で起訴されたていた汝矣島(ヨイド)純福音教会の趙鏞基(チョー・ヨンギ)元老牧師(81)らの上告審で、チョー牧師側の上告を棄却した。これにより、懲役2年6月、執行猶予4年を言い渡していた2審判決が確定した。

共謀容疑で共に起訴されていた長男の趙希竣(チョー・ヒジュン)前国民日報会長(52)も、2審判決の懲役2年6月、執行猶予4年が確定した。

チョー牧師は2002年、ヒジュン前会長が所有していたサービス会社の株式25万株を、適正価格より高値で買い入れるよう指示し、教会に131億ウォン(約12億9千万円)の損害を与えたとして、特定経済犯罪加重処罰法違反(背任)などの罪で、13年に在宅起訴されていた。

起訴時、チョー牧師は1株3万4386ウォンの株式を8万6984ウォンで買い入れるよう教会側に指示したとされ、株式取得に伴う贈与税35億ウォン(約3億4千万円)の脱税容疑も受けていた。

1審では、「宗教団体である純福音教会が株式を買収する特別な理由がないのにもかかわらず、(チョー牧師の)指示に従って適正価格よりも高値で買収したことが認められる」とし、チョー牧師に懲役3年、執行猶予5年を宣告。ヒジュン前会長には懲役3年を言い渡していた。

2審では、「1株当たりの価格を(3万4386ウォンではなく)4万3千ウォンで再評価する必要があり、脱税の疑いは課税要件が成立しないため無罪」とし、背任容疑に対する量刑を引き下げて、チョー牧師親子に懲役2年6月、執行猶予4年を言い渡していた。

※この記事は韓国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング