聖母マリアの最古の壁画か? シリアのドゥラ・エウロポス遺跡で発見

2017年5月8日17時56分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+聖母マリアの最古の壁画か? シリアのドゥラ・エウロポス遺跡で発見
シリア東部のドゥラ・エウロポス遺跡で1920年代に発見された壁画。当初は、イエスと出会ったサマリアの女(ヨハネ4章)を描いたものと考えられていたが、最近では、聖母マリアを描いたものではないかと考えられている。(写真:イェール大学)
- 広告 -

考古学者らは、現存する最古の聖母マリアの壁画を意図せずして発掘したのかもしれない。

シリア東部のドゥラ・エウロポス遺跡は、最も初期のキリスト教の教会堂が発見された場所。そこでは1920年代に、女性が描かれたある壁画が発見されていた。カトリック系メディア「アレテイア」(英語)によると、最近になって、この女性が受胎告知を受けた聖母マリアを描いたものではないかと解釈されているという。

井戸の傍らにいる女性を描いたこの古代の壁画は現在、米イェール大学の博物館に保管されている。当初は、ヨハネによる福音書4章に描かれている、イエスと出会ったサマリアの女を描いたものと考えられていた。

しかし近年の見解では、イエスの母マリアを描いたものである可能性が示唆されているという。この見解は、2世紀の外典(キリスト教の正典としては認められていない書)である『ヤコブ原福音書』に記された、井戸の傍らにいるマリアに天使が受胎告知する物語に基づいている。

伝統的な受胎告知の物語はルカによる福音書1章26~38節に書かれているが、『ヤコブ原福音書』の記述には次のように書かれている。「(マリアは)水差しを手に取り、それに水を満たすために出て行った。すると見よ。声がして、『汝は豊かに恵まれた者。主が汝と共におられる。汝は女の中でも祝福された者』と語った。それでマリアは、この声はどこから聞こえてくるのかと左右を見回した」

この壁画は、ドゥラ・エウロポス遺跡で発見された3世紀の家の教会のものとみられている。この教会からは、「良い羊飼い」や「水の上を歩くイエスとペトロ」「中風の癒やし」など、現存するものでは最古のキリスト教絵画と考えられている壁画が見つかっている。

壁画では、女性の輪郭線の一部が淡く消えかかっているが、それはマリアがキリストを懐胎したことを視覚的に描写するものと解釈できる。

この壁画は現在、イェール大学で保管されているものの、ドゥラ・エウロポス遺跡は、過激派組織「イスラム国」(IS)の支配下にあり、2011年以降、考古学者らは立ち入ることができなくなっている。多くの人は、ISが神聖な芸術作品を遺跡から奪い去ったり、破損したりしているのではないかと危惧している。

マリア画解釈の先駆的学者であるマイケル・ペパード氏(米フォーダム大学准教授)は、イエズス会のメディア「アメリカ」(英語)に対し、「東洋の初期キリスト教の謎を解明する鍵は、ドゥラ・エウロポスのキリスト教徒たちが握っています」と述べている。しかしISの脅威のために、「キリスト教徒としての特権を生かす機会が彼らの手から奪われつつあるのです」と語った。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング