この人に聞く(29)「リノベーションまちづくりの仕掛人」 荒木牧人建築設計事務所代表・荒木牧人さん

2017年4月12日17時02分 記者 : 中橋祐貴 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+この人に聞く( )「リノベーションまちづくりの仕掛人」 荒木牧人建築設計事務所 代表 荒木牧人さん
荒木牧人さん=4月4日、荒木牧人建築設計事務所(埼玉県川越市)で
- 広告 -

「小江戸」と呼ばれ、蔵造りの街並みを残す埼玉県川越市。江戸時代から何度も建て替えられてきた木造三層やぐらの「時の鐘」がそびえ、ひときわ目を引く。ちょうど桜が満開で、大勢の観光客でにぎわっていたが、見渡してみると、空き家となった古い住宅や店舗も点在している。

そんな街並みを一望できるビルの一室に「荒木牧人建築設計事務所」がある。一級建築士としてリノベーション(有効活用)を積極的に推奨している荒木牧人さん(42)に今回は話を聞いた。

ボロボロの建物ほど、いとおしい

荒木さんは、「あるものを生かそう」「もっと楽しく」の視点で、特に解体されることなく残されている空き家・空き店舗に着目して、リノベーションに取り組んでいる。

空き家を見つけると、住人がいるのか、誰が所有しているのか、積極的にリサーチしていく。「ボロボロの建物ほど、いとおしく感じますね」と笑顔で語る。

仕事では教会建築にも携わるが、新築すると膨大なお金がかかるため、現在の状態からいかに快適にできるかを工夫し、提案することも多い。

知恵を出し合って「市民力」復活を

また、近くを流れる新河岸川(しんがしがわ)で何か楽しいことはできないか、河川敷を有効活用できないかと考え、県に許可を取ってカヌー遊びを始めたという。すると、「ここでカヌーができるのですね」「いいですね」と声を掛けられるうちに、だんだん行政や近所に知られていった。

良いと思ったら、会員制交流サイト(SNS)を駆使して情報発信を続ける。すると、時にそれが行政まで動かすことがあり、市長が「話を聞きたい」と連絡をしてきたこともあったという。

「一緒に知恵を出し合って、もう一度『市民力』を復活させたい」

ビルの最上階が共同ワークスペースに

「面白いところがあります」

そう言って案内されたのは、オフィスのあるビルの最上階だった。もともと大家さんが住んでいたが、高齢で管理が行き届かなくなったところを、荒木さんが「有効活用したい」と申し出て、そのスペースを提供してくれたのだという。

かなりノスタルジックな昭和の香り漂う階段を上ると、天井の鉄筋やコンクリートがむき出しの部屋が現れた。広くて日当たり抜群のバルコニー付きで、椅子が並べられている。

「この場所で教会のキャンプもできますよ。バルコニーで横になれば、星空も見られます。会議や音楽好きには、フリースペースとして使ってもらうこともできますね」と楽しそう。トイレや水道もあり、すぐ近くには銭湯もあるので、興味のある人は問い合わせてみてはどうだろうか。

この人に聞く( )「リノベーションまちづくりの仕掛人」 荒木牧人建築設計事務所 代表 荒木牧人さん
フリースペースで雑談を楽しむ荒木親子(右が荒木寛二牧師)=同日、事務所のあるビルの最上階スペースで

生き方や関係を通して証しをする

荒木さんは牧師家庭に生まれ、5人兄弟の長男として育った。現在も、父親(寛二牧師)が牧会する上福岡バプテスト教会に通うクリスチャンだ。

4児の父親でもあり、PTA会長や自治会長も務めながら地域での人脈作りも欠かさない。気軽に声を掛け、あいさつする優しい人柄に、自然と人が集まってくる。仕事でも積極的にネットワークを広げている。

荒木さんは「クリスチャンはもう一回、世界を見渡してほしい。視野を広げることが大事」と語る。自分はクリスチャンだと懸命にアピールすることも大切だが、日本の社会ではあまり効果的ではない。むしろ生き方や関係を通して、「あなたはクリスチャンだったのですね」と気付いてもらえるような生き方をしたいという。「人はうわべを見るが、主は心を見る」(Ⅰサムエル16:7、新改訳)が好きな聖句だ。

まちづくりに大切な「80%」とは?

次に向かったのは、西武新宿線本川越駅のすぐ近く、ブルーシートで覆われた改装工事中の現場だ。ここはもともと、築60年になる店舗併用住宅だったが、それを解体するのではなく、そのままの味わいを残して、6月に飲食店などをオープンする予定だ。

荒木さんは本業の建築設計事務所以外に、川越在住の不動産や飲食業を営むメンバー3名で民間自立型まちづくり会社「株式会社80%」(エイティーパーセント)というエリア・リノベーション会社を立ち上げた。観光地化した川越で、地元の人が気軽に集まり、子どもからお年寄りまで愛される空間を目指すという。

「80%」とはどういう意味かと尋ねると、次のように答えてくれた。「この世界って、10かゼロ、100かゼロではないですか。『ちょっと力を抜こうよ』という意味です」

この人に聞く( )「リノベーションまちづくりの仕掛人」 荒木牧人建築設計事務所 代表 荒木牧人さん
ブルーシートで覆われた改装工事中の現場では、古い店舗が生まれ変わろうとしている。

地元に密着し、地域と楽しく明るく頑張る建築士、荒木さんは最後に次のように語ってくれた。

「クリスチャンだからこそ、最高級のものをお届けしたい。神様にしているように、神様にささげるように、皆さんと接しています」

「見えないところも忠実に」。それがモットーだという。これが成功の秘訣(ひけつ)だろう。

この人に聞く( )「リノベーションまちづくりの仕掛人」 荒木牧人建築設計事務所 代表 荒木牧人さん
「2千年前のイエス様は大工でしたからね」と語る荒木さん

荒木牧人建築設計事務所
株式会社80%

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング