トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

上智大、4食堂でベジタリアン向けメニュー提供へ

2017年4月10日17時06分 記者 : 内田周作 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:上智大学
+上智大、4食堂でベジタリアン向けメニュー提供へ
6日に行われた試食会の様子(写真:上智大学提供)
- 広告 -

上智大学(東京都千代田区)は、12日から学内にある5つの食堂のうち4つの食堂で、ベジタリアン向けのメニューの提供を開始する。77カ国から約1500人の留学生が在籍する同大には、さまざまな文化・宗教を持つ学生や研究者、教職員がおり、ベジタリアン向けのメニューの提供は、多様性を重視したキャンパス環境整備の一環。昨年には、日本の大学では初めて、イスラム教徒向けのハラルフード専門食堂も開設している。

ベジタリアン向けのメニューは、学内にあるサブウェイとハラルフード専門店「東京ハラルデリ&カフェ」ではすでに一部提供を行っていた。しかし、来日して間もない留学生や教員は、日本の環境に慣れていないため、学内の施設で食事をすることが多く、強い要望があったことから、新たに2つの食堂で日替わりのベジタリアン向けメニューを導入することを決めたという。

価格は、通常メニューと同等の350円〜500円程度。ビビンバやそぼろ、大豆ミートのカチャトラ風トマト煮などの日替わり弁当や、レンコンとゴボウの根菜カレー、豆腐ステーキ、サンドイッチなどのメニューを提供する。ベジタリアン向けのメニューが提供されるのは、四谷キャンパスにある2号館学生食堂、11号館ラウンジ、2号館サブウェイ、東京ハラルデリ&カフェの4つの食堂。6日には試食会が行われ、参加した学生や教職員には好評だったという。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:上智大学

関連記事

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング