6年目を迎えた被災地の声 宮城三陸3・11東日本大震災追悼記念会インタビュー

2017年3月16日13時19分 記者 : 中橋祐貴 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+6年目を迎えた被災地の声 宮城三陸3・11東日本大震災追悼記念会特別インタビュー
中澤竜生氏と佳子氏(地域支援ネット架け橋代表・基督聖協団仙台宣教センター国内宣教師)
- 広告 -

中澤竜生氏、佳子氏(地域支援ネット架け橋代表、基督聖協団仙台宣教センター国内宣教師)

あっと言う間の6年でした。被災者は仮設住宅から始まって、今は復興住宅と、まさに手探りの状態です。皆さんは復興住宅に移ってからどうするか悩んでいます。だから、僕らも何も分からないのです。クリスチャンとして相談されやすい関わりをきちんと積み重ねていくしかありません。復興住宅は扉を固く閉めるので、仮設の時よりも関係作りが難しい状態です。以前のように集会所に出て情報を得ようとしませんし、深い関係を築こうとしないのです。

行政は仕組みをもって現場に行くので、『仕組み外』のことはできません。これは仕方がないことです。被災者の悲痛な声に対する手助けには限界があります。NPOもニーズを探しますが、答えが合わないと難しいです。私たちは目的がない分、どこも入れない『溝』に関わることができます。1つの例が扶助基金です。地域で明日の灯油代がないときに『扶助基金』を使ってくださいと言うことができます。地域の人が引き続き困っているなら、助ける仕組みを作っていきます。ネットワークを見てもらい、『協力するといいことがある』と伝えます。そして、助けてくれる人につなぎます。行政も2カ月あれば動いてくれます。

地元の人と信頼、友好関係を作って、自分たちの名前を出すことによって、その関係が広がっていきます。言われっぱなしではなく、地域で一緒に助け合っていくことが大切です。私たちの活動は、人をキリストの救いに導くことだけがメインではありません。個人が救いを明確にするには時間がかかります。チャンスを持っておくこと、可能性を広げるのがクリスチャンの働きです。これはずっと続けていくしかありません。

6年目を迎えた被災地の声 宮城三陸3・11東日本大震災追悼記念会特別インタビュー
嶺岸浩氏(気仙沼第一聖書バプテスト教会牧師)

嶺岸浩氏(気仙沼第一聖書バプテスト教会牧師)

あっと言う間の6年でした。確かに大変なこともありました。でも、その中で支援、応援をいただき、関係性を通して救われる方が与えられました。これは大きなことです。悲しみはありますが、イエス様にあって希望を持った人が何人もいることは感謝です。何よりも関わりが大事だなと思わされました。これからも『1人じゃないよ』と言い続けていきます。7年目もよろしくお願いいたします。

6年目を迎えた被災地の声 宮城三陸3・11東日本大震災追悼記念会特別インタビュー
ディビッド風間氏(気仙沼ホープセンター代表、ニューソング・チャーチ牧師)

ディビッド風間氏(気仙沼ホープセンター代表、ニューソング・チャーチ牧師)

6年目を迎えましたが、震災の復興は終わっていません。継続案件です。例えば、『戦後はいつ終わるのか』という問いがありますが、戦後だって6年では終わりません。人々の記憶にある以上、復興に終わりはありません。被災者は、新しい生活や仕事など、目先の具体的な希望がほしいのだと思います。課題としては、みなし仮設も少なくなりましたが、一方で取り残された人もたくさんいます。高齢のために自宅が再建できない人もいると聞いています。私は牧師ですから、イエス・キリストにある希望と救いを伝える目的しかありません。

6年目を迎えた被災地の声 宮城三陸3・11東日本大震災追悼記念会特別インタビュー
ディーン・ベンソン氏(日本ルーテル同胞教団石巻希望の家宣教師)

ディーン・ベンソン氏(日本ルーテル同胞教団石巻希望の家宣教師)

被災者は、目に見えないメンタルの傷が増えました。病気や経済的な心配もあります。まだまだ傷はあります。課題は、フルタイムで仕える日本人牧師が足らないことです。神様の奇跡によって与えられるよう祈ります。今日は、当時のことを思い出し、胸がいっぱいになりました。

6年目を迎えた被災地の声 宮城三陸3・11東日本大震災追悼記念会特別インタビュー
鈴木手以氏(保守バプテスト同盟船岡聖書バプテスト教会協力牧師)

鈴木手以(てもて)氏(保守バプテスト同盟船岡聖書バプテスト教会協力牧師)

6年がたち、心の支援が必要だと思います。仮設住宅と復興住宅にいる方、両方への関わりが必要です。皆さんには寂しさがあります。ですから、私たちは今、音楽カフェをやって、和やかな時間を共有できる場を提供しています。福音的なコミュニティーを目指し、『そのままで愛されているのだよ』と、何かの折に関わりの中で受け取ってもらえたらと思っています。聖書カフェも始めました。10名前後来ています。カフェスタイルのカジュアルな礼拝です。高齢者も参加しています。ここでは焼き菓子やお茶も出ます。クリスチャンには、被災地ばかりではなく、どの場所にでも赴いて宣教する務めが与えられていますね。

<<前へ

■ 宮城三陸3・11東日本大震災追悼記念会:(1)(2)

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング