トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

セントポール大聖堂で女性の聖歌隊員誕生へ この千年で初

2017年3月6日22時36分 翻訳者 : 岡本告 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+セントポール大聖堂で女性聖歌隊員誕生へ この千年で初
セントポール大聖堂の聖歌隊の成人正隊員が務める「聖歌助手」に、女性としてはこの千年で初めて任命されたキャリス・ジョーンズさん(写真:同大聖堂)
- 広告 -

英ロンドンのセントポール大聖堂で、この千年余りの歴史で初となる女性の聖歌隊員が誕生する。

英国国教会のロンドン主教座聖堂であるセントポール大聖堂は2月27日、南ロンドン出身のキャリス・ジョーンズさんを、満場一致で同大聖堂で初となる女性の「聖歌助手」に任命したと発表した(英語)。セントポール大聖堂の聖歌隊は現在、少年ソプラノ隊員26人、準隊員8人、聖歌助手12人で構成されている。聖歌助手はアルト、テノール、バスの三声部を担当するプロの成人正隊員で、ジョーンズさんは今年9月から、アルトの聖歌助手となる。

任命を受けジョーンズさんは、「セントポール大聖堂の聖歌助手に任命され、感激しています。フレンドリーで非常に優れた音楽家たちのグループに加われることを、とても幸運に思います」と語った。

「由緒ある歴史的伝統と、21世紀のロンドンという活気ある場を、何とかして結び合わせようとしてきたセントポール大聖堂には、長らく敬意を払ってきました。そして今、その一員となる栄誉を与えられたのです」

同大聖堂の音楽ディレクターであるアンドリュー・カーウッド氏は、「私たちはジョーンズさんが聖歌隊に加わることを喜んでいます。オーディションの最終審査は非常に水準の高いものでした。そして彼女の任命は満場一致の決断でした」と述べた。

ケンブリッジ大学と王立音楽アカデミーを卒業しているジョーンズさんは、5月に第2子の出産を予定している母親でもある。ロンドン・オラトリオ合唱団のメンバーであり、オラトリオやオペラではソロ歌手としての経験もある。また、「スタイル・アンティコ」や「ガブリエリ・コンソート」などの声楽アンサンブル、「テネブレ」などの合唱団でも活躍するなど、幅広い経歴を持っている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング