トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

東京都:東日本大震災から6年「The Prayer」被災地の声を朗読と演奏で 3月11日

2017年2月24日15時44分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+東京都:東日本大震災から6年「The Prayer」被災地の声を朗読と演奏で 3月11日
- 広告 -

3月11日――東日本大震災から6年目を迎えるこの日、音楽に乗せて現地の声を朗読するコンサートが東京・渋谷で開催される。

演奏するのは、クリスチャンアーティストの3人。ヴァイオリンは服部佐知子さん。メンバーとして参加したアルバム「Muse―12 precious harmony」(高嶋ちさ子、12人のヴァイオリニスト)がビルボード・クラシック部門で1位を獲得するなど、目覚ましい活躍を見せている。ピアノの佐々木潤さんと、歌の佐々木静さんは姉弟デュオ「Rainbow Music Japan」として活動している。繊細かつ情熱的な演奏と、透明感のある温かな歌声は聴く人の心を魅了する。

特別な思いと祈りのこもったコンサートは、3月11日。詳細はホームページ

日時:2017年3月11日(土)午後6時半開場 午後7時開演
場所:渋谷 ラトリエ by エーピーシー(渋谷駅徒歩8分)

<出演>
朗読:大嶋紀子
ヴァイオリン:服部佐知子
ピアノ:佐々木潤 歌:佐々木静(Rainbow Music Japan)
予定曲:The Prayer、 You Raise Me Up、 悲愴、主よ人の望みと喜びを、Glorify Thy Name、You are Precious、ほか
チケット(全席自由)
予約:2500円 当日:3千円
予約受付:RMJ Records コンサート事務局
※ 席に限りがあるため、予約はお早めに。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング