トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

「宗教改革500年で『統一ロゴ』を」 日本聖書協会が呼び掛け

2017年2月16日14時42分 記者 : 雜賀信行 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:日本聖書協会
+「宗教改革500年で『統一ロゴ』を」日本聖書協会が呼び掛ける
宗教改革500年「統一ロゴ」は自由に使用できる
- 広告 -

1517年、マルティン・ルターが「95カ条の論題」を掲げて宗教改革を行った。「以後、否という贖宥状」と語呂合わせで世界史の年号を覚えた人も多いだろう。

今年2017年は、それからちょうど500年目にあたる重要な節目の年。この「宗教改革500年」を記念して、さまざまな教会・団体により数多くのイベントや集会が各地で企画されている。

多くの人に知られている歴史的な出来事だからこそ、諸教会が一致して福音宣教を前進させていることを知ってもらう良いチャンスになるのではないだろうか。

「ぜひこの機会に日本宣教のための協力体制を作ろう」との声を受け、日本聖書協会(大宮溥理事長、渡部信総主事)では、超教派で自由に使用できる「統一ロゴ」を作成した。月桂樹に包まれた地球の上に、イエス・キリストの象徴でもある「小羊」と「十字架」と「500」が配された透明感のある上品なデザインだ。

各種集会のチラシやポスターなどにこのロゴを使用することにより、諸教会・諸団体が一致して宗教改革500年関連行事を企画していることを内外に発信できる。統一ロゴは、イラストレーター形式、JPG、PDFそれぞれのデータを日本聖書協会公式ホームページからダウンロードできる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:日本聖書協会

関連記事

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング