フランスの福音派、停滞を返上 10日ごとに新しい教会が誕生

2017年1月22日22時26分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+フランスの福音派、停滞を返上 10日ごとに新しい教会が誕生
(写真:Fredrik Rubensson)
- 広告 -

フランス福音主義協議会(CNEF)の調査によると、フランスの福音派が勢いを増しつつある。

欧州の福音派系ニュースサイト「エバンジェリカル・フォーカス」が同調査について伝えたところによると、フランスでは昨年、約35の福音派教会が開拓された。これは、平均で月当たり3教会、10日ごとに1つの教会が誕生した計算になる。

CNEF新教会開拓委員会のダニエル・リヒティ委員長は、カトリック系の仏紙ラクロワに対し、フランスにおける福音派の信徒数の増加率は過去20年間、横ばいだったと語った。しかし、「成長のペースが若干加速しつつあると、2年以内には言えるようになるかもしれません」と言う。

この調査は閉鎖した教会数も計算に入れているため、フランスにおける教会成長の実体を正確に知ることができる。調査対象はCNEFの加盟教会のみだが、その数はフランス全国の福音派教会の約7割に相当する。

フランスにはおよそ65万人の福音派信徒がおり、全プロテスタントの約3分の1を占めている。CNEFの調査によると、信徒数はここ60年間で10倍に増加した。

フランスはカトリックが支配的な国であり、人口の56パーセントがカトリックの洗礼を受けていると推定されている。しかしカトリック教会は、司祭の高齢化や司祭数の肥大化、奉仕先の不足に悩まされており、毎週ミサに参加する信徒の数は約6パーセントに過ぎないとされている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング