東京都:立教大で堀江有里さんの講演会「キリスト教の『家族主義』を考える」 1月16日

2016年12月26日16時34分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:立教大学同性愛

日本基督教団牧師の堀江有里さんの講演会「キリスト教の『家族主義』を考える」が1月16日、立教大学池袋キャンパスで行われる。

堀江有里さんは日本基督教団の牧師で、専門は社会学・クィア神学。『「レズビアン」という生き方―キリスト教の異性愛主義を問う』(2006年、新教出版)、『レズビアン・アイデンティティーズ』(2015年、洛北出版)などの著作がある。

2015年に東京都渋谷区などによる「同性パートナーシップ証明」の発行が始まるなど、近年、同性間パートナーシップをめぐる報道が増え、議論が広がり始めているが、異性間の結合のみを“正しい家族”として強調する言説や、同性愛嫌悪をも可視化されるようになり、その中で宗教的な言説が援用されることも少なくない。

この講演では、キリスト教におけるそのような言説を捉え、社会や教会における規範を問い直してきた「解放の神学」や「クィア神学」の知見をツールとして用いることで、「正しい家族」「規範的家族」の在り方を強調する動きへの批判的な考察を行う。

日時:2017年1月16日(月)午後6時20分~8時30分
場所:立教大学池袋キャンパス11号館2階A203教室

参加無料で申し込み不要。問い合わせは立教大学文学部事務1課(電話:03・3985・2521)まで。詳細は立教大学のホームページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:立教大学同性愛

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング