神奈川県:阿部正紀・東工大名誉教授と語るサイエンスカフェ第2回「ビッグバン宇宙論が哲学に近づいた?」3月4日

2016年12月15日15時15分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:阿部正紀
+神奈川県:阿部正紀・東工大名誉教授と語るサイエンスカフェ「ビッグバン宇宙論が哲学に近づいた?」
- 広告 -

第2回「東工大名誉教授と語るサイエンスカフェ」が2017年3月4日(土)午後2時から、多摩市民館大会議室(多摩区総合庁舎3階)で行われる。講師は阿部正紀・東京工業大学名誉教授。登戸エクレシアキリスト教会が主催する。

今回のテーマは「ビックバン宇宙論が哲学に近づいた?―最新宇宙科学の謎に迫る」。「最先端の科学と自然の素晴らしさを、お茶を飲みながら物理学者の阿部正紀・東京工業大学名誉教授から聞きましょう。前回の内容を復習し、現在の宇宙論が直面している謎をできる限り分かりやすく説明します。終了後、専門的な質問にお答えする時間をもちます」と参加を呼び掛けている。

入場無料。問い合わせは、担当・佐野さん(電話:080・5170・4014、メール:tangent@ac.auone-net.jp)まで。

■ 関連記事:【科学の本質を探る①】アインシュタインは「スピノザの神」の信奉者 阿部正紀

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:阿部正紀

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング